ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症対策に関する特別サイト > 京都府における緊急事態措置の見直しに伴う市長メッセージ(令和2年5月17日)

本文

京都府における緊急事態措置の見直しに伴う市長メッセージ(令和2年5月17日)

印刷ページ表示 更新日:2020年5月17日更新 <外部リンク>

宇治市民の皆さまへのメッセージ


~市公共施設の一部利用再開にあたって~

令和2年5月17日
宇治市長 山本 正


 新型コロナウイルス感染症の感染拡大や医療崩壊を防ぐため、政府の緊急事態宣言を受け外出自粛、休止の要請、学校等の休業措置など、市民の皆さまにご理解、ご協力いただいていることに改めて感謝申し上げます。
 5月15日、京都府では緊急事態措置の一部が見直され感染リスクが低く、皆さまの生活に近い施設等から、適切な感染防止対策を講じたうえで一部休止要請を緩和することとされました。
 これにより本市におきましても、市公共施設のうち準備の整った施設について適切な感染防止対策を講じたうえで、順次再開することといたしました。

 しかし、京都府は引き続き特定警戒都道府県として緊急事態宣言の対象地域とされており、「最低7割、極力8割程度の接触機会の低減」を目指しての外出自粛やイベント開催の自粛が要請されているところでもあります。
 市民の皆さまには、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、気を緩めることなく、不要不急の外出自粛や、手洗いなどの基本的な感染予防対策などに引き続きご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

 


市長からのメッセージ
よくある質問(Q&A)
特別定額給付金
総合案内窓口、相談
感染症対策
保育所、学校・幼稚園等の対応
事業の実施状況
市内の感染者の発生等の状況
聴覚障害者・視覚障害者の人へ
外国人住民(がいこくじんじゅうみん)の人へ
動画での情報発信
宇治市新型コロナウイルス感染症対策本部の設置