ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症対策に関する特別サイト > 宇治市内における新型コロナウイルス感染症患者の発生について(13例目)

本文

宇治市内における新型コロナウイルス感染症患者の発生について(13例目)

印刷ページ表示 更新日:2020年4月20日更新 <外部リンク>

 4月18日、本市で13例目となる新型コロナウイルスの感染が確認されました。

 また、同日1名の方が退院されましたので、お知らせします。

 

<京都府発表内容の概要(令和2年4月19日)>

◆陽性が判明した方の内容

 

  1. 本市13例目 宇治市在住20歳代男性

 

(経過)

4月15日

発熱(38.0℃)、全身倦怠感、下痢

4月17日

医療機関受診、医療機関から帰国者・接触者相談センターに相談

帰国者・接触者外来を受診、検体採取

4月18日

陽性が判明、入院中

 

(現在判明している概要)

・会社員、最終出勤4月14日

 

(接触者)

   調査中

 

◆退院された方の概要

 

以下の1名について、厚生労働省の退院に関する基準に合致したため、

4月18日退院

 

 (1)本市4例目(京都府77例目)

     4月2日判明、60歳代男性

 

【参考】 退院に関する基準

37.5度以上の発熱が24時間なく、呼吸器症状が改善傾向であることに加え、24時間後に核酸増幅法の検査を行い、陰性が確認され、その検査の検体を採取した24時間以後に再度検体採取を行い、陰性が確認された場合

 


市長からのメッセージ
よくある質問(Q&A)
特別定額給付金
総合案内窓口、相談
感染症対策
保育所、学校・幼稚園等の対応
事業の実施状況
市内の感染者の発生等の状況
聴覚障害者・視覚障害者の人へ
外国人住民(がいこくじんじゅうみん)の人へ
動画での情報発信
宇治市新型コロナウイルス感染症対策本部の設置