ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症対策に関する特別サイト > 緊急事態宣言の発令に伴う保育所等の利用自粛の要請について

本文

緊急事態宣言の発令に伴う保育所等の利用自粛の要請について

印刷ページ表示 更新日:2020年4月17日更新 <外部リンク>

緊急事態宣言の発令に伴う保育所等の利用自粛の要請について

 緊急事態宣言の発令に伴い、令和2年5月6日までの間、あらためて保育所等の利用自粛を要請します。
 保護者の皆さまには、大変なご負担をおかけしますが、ご理解・ご協力いただきますようお願いします。

保育所等の利用自粛に伴う保育料・給食費の減免について

対象者

市立保育所、民間保育園、認定こども園、地域型保育事業(小規模保育事業、家庭的保育事業)に在籍する市内在住の児童のうち、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、利用を自粛した世帯

減額(助成)方法

令和2年4月1日から令和2年5月6日の間に保育所等の利用自粛にご協力いただき欠席された場合、宇治市保育所等保育料・給食費について、以下のとおり減免(助成)を行います。
なお、保育料・給食費は、いったん当初の月額で納付していただき、減免(助成)額確定後に返金します。

1.保育所等保育料
以下の計算式により、日割り計算により保育料の減免を行い、当初の保育料との差額を還付します。
【減免後の保育料】
当初の保育料(月額)×利用を自粛し欠席された日数を除く開所日数÷25日(10円未満の端数が生じた場合は切り捨て)

2.保育所等給食費
以下の計算式により給食費を助成します。
【給食費の助成額】
各園の給食費(主食費+副食費)÷25日×利用を自粛し欠席された日数(10円未満の端数が生じた場合は切り捨て)

申請方法

月ごとに「宇治市保育所等保育料・給食費減免(助成)申請書」にご記入のうえ、令和2年5月20日までに在籍する保育所等にご提出ください。
※期日までに提出がない場合、減免(助成)できませんので、ご注意ください。
※利用自粛により欠席された日数には、登園予定でなかった日(私的な事由や普段利用していない土曜日など)は含みません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


市長からのメッセージ
よくある質問(Q&A)
特別定額給付金
総合案内窓口、相談
感染症対策
保育所、学校・幼稚園等の対応
事業の実施状況
市内の感染者の発生等の状況
聴覚障害者・視覚障害者の人へ
外国人住民(がいこくじんじゅうみん)の人へ
動画での情報発信
宇治市新型コロナウイルス感染症対策本部の設置