ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症対策に関する特別サイト > 新型コロナウイルスに関連した感染症対策について

本文

新型コロナウイルスに関連した感染症対策について

印刷ページ表示 更新日:2022年10月25日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症とは

  •  初期症状はインフルエンザに似ており、発熱やのどの痛みなどのかぜ症状や嗅覚味覚障害、咳、だるさ(倦怠感)を呈します。 
  • WHOの発表によると、感染から発症までの潜伏期は1~14日間であり、曝露から5日程度で発症することが多いとされています。
  • 感染可能期間は発症2日前から発症後7~10日間程度と考えられており、有症者だけでなく無症状病原体保有者からの感染リスクもあります。
  • 感染伝播としては飛沫感染が主体と考えられています。

発熱症状などのある方の相談・受診・検査の流れ

  • 発熱症状などがある場合には、まずはかかりつけ医等の身近な医療機関に電話でご相談ください。
  • 夜間や医療機関が休みのとき、かかりつけ医のいない方は、「きょうと新型コロナ医療相談センター」にご連絡ください。

「きょうと新型コロナ医療相談センター」

電話番号:075-414-5487
(365日24時間、京都府・京都市共通)

※聴覚に障害のある方など、電話でのご相談が難しい方は、メールまたはFAX<外部リンク>をご利用ください。
(メールやFAXでの問い合わせは、回答までお時間がかかることや、タイムラグが生じる可能性があります。)

※外国語対応も可能です。
対応語:英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・ベトナム語(10時から20時)・タイ語(9時から18時)

What to do if you think that you might be infected with COVID-19 [PDFファイル/584KB]

相談窓口・コールセンター

きょうと新型コロナ後遺症相談ダイヤル

電話番号:075-414-5338
(365日24時間、京都府・京都市共通)

厚生労働省電話相談窓口

電話番号:0120-565653
受付時間:9時~21時(土日・祝日も実施)

観光庁外国人旅行者向けコールセンター「Japan Visitor Hotline」

電話番号:050-3816-2787
受付時間:24時間対応(土日・祝日も実施)
対応言語:Japanese/English/Chinese/Korean

予防方法等に関する相談

宇治市健康づくり推進課
電話番号:0774-20-8793
受付時間:平日8時30分~17時15分

お子さまや家族が感染したときに注意すること

家庭内感染にも注意しましょう。
お子さんの観察ポイントは、ご機嫌、食欲、顔色、呼吸のようすなどを観察してください。ご機嫌がよく、食欲があり、顔色が普通であれば基本的に心配いりませんが、意識がはっきりしない、機嫌が悪い、食欲が低下している、水分がとれない、顔色が悪い、息苦しそう、嘔吐を繰り返すなどの場合は担当保健所、またはかかりつけ医に早めにご相談ください。

こどもオトナ

お子さまが新型コロナウイルス感染症に感染した際の対応について [PDFファイル/415KB]
家族が新型コロナウイルスに感染した時に注意したいこと [PDFファイル/405KB]

新型コロナウイルス感染症の陽性と判明したら(山城北保健所ホームページ)<外部リンク>

感染予防のため日常生活で気を付けること

感染を拡大させないため、基本的な感染防止策(必要な場面でのマスクの着用、手洗い、三密の回避、換気)の徹底を心がけてください。

食事をするとき

できるだけ少人数で、感染対策を実施しているお店を選び、手指消毒を行い、席は斜めに座る、会話の時にはマスクを着用するなど、感染対策の徹底をお願いします。また、屋内ではこまめに換気をするなどなるべく密にならないよう工夫し、飲食時以外はマスクを着用するなど、人と会う時は改めて感染予防に心がけましょう。

体調が悪いとき

体がだるい、熱がある、のどに違和感があるなど、いつもと体調が異なる時は、外出や人と会うことを控えましょう。まずは、身近な医療機関に電話で相談し、医師の指示に従いましょう。一人ひとりの行動が感染拡大防止につながります。

外出・移動について

帰省や旅行等、普段会わない人と会うことで感染を広げてしまう可能性があります。
帰省前からマスクを外す飲食などの場面に、より一層注意するなどいつも以上の感染防止に心がけ、体調を整えることが大切です。
体調がすぐれない場合は、帰省を控え、かかりつけ医など身近な医療機関にまずは電話相談をお願いします。

コロナワクチン接種について

これまで2年間、年末年始に新型コロナウイルス感染症は流行しています。
2022年の年末までに、重症化リスクの高い高齢者はもとより、若い方にもオミクロン株対応2価ワクチンによる接種を完了するようおすすめします。

オミクロン株対応ワクチン接種のお知らせ

 

関連ホームページ

新型コロナウイルス感染症に関連する情報について(京都府ホームページ)<外部リンク>
新型コロナウイルス感染症対策(内閣官房ホームページ)<外部リンク>
新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


市長からのメッセージ
ワクチンの接種
よくある質問(Q&A)
特別定額給付金
総合案内窓口、相談
感染症対策
保育所、学校・幼稚園等の対応
事業の実施状況
市内の感染者の発生等の状況
市職員及び市立学校教職員等の感染者の発生等の状況
聴覚障害者・視覚障害者の人へ
外国人住民(がいこくじんじゅうみん)の人へ
動画での情報発信
宇治市新型コロナウイルス感染症対策本部の設置