このページの本文へ ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 健康食育日本一をめざして生きがい・健康・食育ホームページ > 地域に出向いてフレイル予防教室を開催します

本文

地域に出向いてフレイル予防教室を開催します

印刷ページ表示 更新日:2022年5月25日更新 <外部リンク>

フレイル予防教室(介護予防出前講座)を実施します

65歳以上の市民を対象に、介護予防についての講座を地域に出向いて実施します。保健師、歯科衛生士または栄養士が健康寿命を延ばすためのポイントをお伝えします。

フレイルとは?

フレイルとは、高齢期に心身の活力(筋力や運動能力、認知機能、社会とのつながりなど)が低下した状態で、「健康な状態」から「介護が必要な状態」に移行する中間の段階にあり、早めに生活習慣を見直せば、健康な状態に戻ることができます。フレイルを予防することは健康寿命の延伸につながります。

フレイルのサインとは?

まずは低下のサインに気づくことが大切です。以下のようなことに当てはまることはありませんか?(後期高齢者質問票より抜粋)

◎お茶や汁物で等でむせることがありますか

◎半年前に比べて固いものが食べにくくなりましたか(さきいか、たくあんなど)

◎この1年間に転んだことがありますか

◎週に1回以上は外出していますか

◎周りの人から「いつも同じことを聞く」などの物忘れがあると言われていますか

フレイル予防の3本柱

フレイル予防には「口腔・栄養(しっかり食べる)」「運動(歩く力や筋力」「社会参加(人とのつながり」をバランスよく実践することが大切です。現在、健康な方はもちろん、介護が必要となっている方でもこの3本柱を意識して取り組むことが大切です。

 3本柱

 

 

対象

宇治市民からなる団体で、自主的な運営をしている団体やグループ(自治会も含みます)。

(ただし収益事業や特定の政治・宗教の表現を目的とする会合は除きます)

実施可能な日時

平日の午前9時から午後5時まで。

場所

普段活動されている場所(宇治市内に限ります)。
会場の確保は申込者が行ってください。

内容

教室では、フレイル予防の3本柱にある、「栄養」と「口腔」について、それぞれテーマごとに栄養士と歯科衛生士が出前講座を実施します。原則2回シリーズの講座です。日程の都合上、1回となる場合でも可能です。

所要時間は1時間半~2時間程度です。                                                   

介護予防出前講座(フレイル予防教室)案内チラシ 令和4年度介護予防出前講座案内チラシ [PDFファイル/556KB]

歯科衛生士    

費用

無料

教室の様子・参加者の声

歯科衛生士によるお話

保健師によるお話・体操

<参加者の声>

・絵を使った説明で分かりやすかったです。体操も気持ちよく楽しくできました。

・口腔の話は初めて聞きました。噛む力や飲み込む力も大切だと感じ、みんなで「お口の体操」もするようになりました。

申し込み方法

長寿生きがい課窓口、または電話にて受付いたします。 

お申し込みは、希望日の1か月前程度でお願いいたします。申し込み後に専門職との日程を調整いたします。

(希望日の候補を2日程度ご準備ください)

申込先:長寿生きがい課 介護予防推進係 0774-22-3141(内線2080)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


family