ページの先頭です

「宇治市地域の支え合い仕組みづくり会議(第1層協議体)」の開催

[2018年8月27日]

平成30年度 宇治市地域の支え合い仕組みづくり会議

 「平成30年度 第2回 宇治市地域の支え合い仕組みづくり会議」を開催します!

 この会議は、高齢者がいつまでも住み慣れた地域で生きがいを持って暮らし続けることができるように、地域での支え合いをはじめとした、多様な介護予防・生活支援サービスを提供する主体間の情報共有、連携・協働による地域資源の開発等を推進するため、設置するものです。

  今後、定期的に開催し、平成30年度はあと3回の開催を予定しています。 

 

    今年度の開催予定は次のとおりです。※3回目、4回目はこれから調整する予定になっています。

  〇2回目 9月7日(金)     午後1時30分から午後3時30分 宇治市総合福祉会館 2階 第2集会室

                       グループワーク「自分達の活動を通じてどんな町にしたいか(仮)」

  〇3回目 11月(予定)         

  〇4回目 2月(予定)   

   

 

 宇治市では、市全域の取組を検討する場「第1層協議体」を「宇治市地域の支え合い仕組みづくり会議」、日常生活圏域等の取組を検討する場「第2層協議体」を「宇治市地域の支え合い仕組みづくり会議(地域版)」と名付けています。

  •   第1層協議体(全市的な取組の検討をする場)

         「宇治市地域の支え合い仕組みづくり会議」

  •   第2層協議体(日常生活圏域等の取組の検討をする場)

         「宇治市地域の支え合い仕組みづくり会議(地域版)」

平成30年度 第1回地域の支え合い仕組みづくり会議を開催しました

  地域での支え合い、助け合い活動をはじめとした団体等の参加により、各団体の活動内容の紹介や抱えておられる課題等の情報交換を行いました。

 

 「活動紹介と困りごと」をテーマにしたグループワークでは、運営側の高齢化による後継者問題や費用の確保、担い手の確保、また、本当に参加してほしい人がなかなか来てくれないなどの課題が上がりました。

〇開催内容

1.日時

   平成30年7月18日(水) 午後1時30分から午後3時30分

2.場所

   宇治市総合福祉会館 2階第1集会室

3.内容

   グループワーク

       テーマ「活動紹介と活動での困りごと」

 

「宇治市地域の支え合い仕組みづくり会議」って何をする場?

 支え合いの仕組みづくりを検討する場です。

 「宇治市地域の支え合い仕組みづくり会議」は、第1層と第2層があります。第1層は全市的な課題を検討する場、第2層は地域の課題を検討する場です。第2層だけでは解決できない課題を、第1層にあげて議論します。

 宇治市では、「宇治市地域の支え合い仕組みづくり会議(第1層協議体)」を設置し、支え合いの仕組みづくりを推進します。

 <役割>

 ・コーディネーターの組織的な補完

 ・地域ニーズの把握、情報の見える化の推進

 ・企画、立案、方針策定を行う場

 ・地域づくりにおける意識の統一を図る場

 ・情報交換の場、働きかけの場

 

これからどのような話し合いをするの?

 介護予防・生活支援サービスの体制整備に向けて、多様なサービス提供主体の参画が求められることから、市町村が主体となって、定期的な情報の共有・連携強化の場として設置することにより、多様な主体間の情報共有及び連携・協働による資源開発などを推進します。そのなかで、活動同士のつながり、見守り活動、介護予防の体操等による居場所づくりなど、その地域の実情に応じた支え合いの仕組みづくりを地域の皆さんと一緒に検討します。

どのようなメンバーで話し合うの?

  1. 地域で生活支援サービス等を提供する団体等(町内会・自治会団体、NPO、ボランティア団体、民間企業など)
  2. (公社)宇治市シルバー人材センター
  3. 宇治市健康長寿サポーター
  4. 宇治市連合喜老会
  5. 社会福祉法人など

 

お問い合わせ

宇治市健康長寿部 健康生きがい課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-21-0406

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]