ページの先頭です

宇治市雨水タンク設置事業費補助金 ※本年度の受付は終了しました。

[2018年10月1日]

平成30年度 雨水タンク設置事業補助金

宇治市では、雨水利用による環境意識の向上及び防災意識の向上を図るため、雨水タンクを設置する方に対して補助金を交付します。受付は先着順で、予算が上限に達した場合は終了となります。

◇補助金の対象者

補助金の対象者は、次の条件をすべて満たす方とします。

(1) 市内に住所を有する方であること。

(2) 市内に所有または占有する住宅の敷地内に雨水タンクを設置した方であること。

(3) 市税の滞納がない方であること。

 

◇補助金の対象設備

補助金交付の対象となる雨水タンクは、次の条件をすべて満たすものとします。

(1)  一般に市販されており、貯留容量が80リットル以上で密閉式のものであること。

(2)  新たに購入し、設置したものであること。

(3)  展示または販売(住宅と一体的に販売する場合を含む。)の用に供するために設置したものでないこと。

※注意※

補助を受けられる雨水タンクの基数は、住宅1戸につき1基、また同一の申請者からは1年度につき1基です。

 

◆補助対象になる経費◆

雨水タンク本体と、雨どいからの分岐接続に必要な付属品の購入に要する経費(色のついた部分)

◆補助対象とならない経費◆

設置・運搬及びその他 手数料、架台等に要する経費

雨水タンクの図

◇申請方法

【補助金申請のながれ】

 

(1)  設置に関する相談

補助金の申請をする方は、申請前に電話、もしくは宇治市環境企画課の窓口にて雨水タンクの設置に関する相談を行ってください。

 

(2)  補助金の申請

補助金の申請をする方(以下「申請者」という。)は、宇治市雨水タンク設置事業費補助金交付申請書兼実績報告書(補助金要項別記様式第1号。以下「申請書」という)を窓口にて提出してください。郵送では受付できません。申請書の提出の際は、次の書類を添付してください。

(ア)申請者の住民票※(担当課へ確認することに同意する場合は不要)

(イ)申請者の納税証明書(担当課へ確認することに同意する場合は不要)

(ウ)雨水タンクの購入に係る領収書※(写しは不可)及び明細書※

(エ)雨水タンクの製品名及び貯留容量等が記載された書類

(オ)雨水タンクの設置箇所を示した図面(手書きも可)

(カ)雨水タンクを設置した箇所の設置後の写真(後日確認に伺います)

(キ)賃貸住宅または共同住宅等に設置する場合、建物所有者または管理組合等が雨水タンクの設置を承諾したことを証する書類(写しは不可)

(ク)その他市長が必要と認める書類

※住民票、領収書及び明細書は平成30年4月1日以降に発行されたもの

 

(3)  補助金の交付決定

申請後、その内容を審査し、補助金の交付の可否を決定します。

補助金を交付すると決定した方に対しては、宇治市雨水タンク設置事業費補助金交付決定兼確定通知書(別記様式第2号)により通知し、交付しないと決定した方に対しては、宇治市雨水タンク設置事業費補助金不交付決定通知書(別記様式第3号)により通知します。

 

(4) 補助金の請求

補助金の交付決定兼確定通知を受けた方は、速やかに、宇治市雨水タンク設置事業費補助金交付請求書(別記様式第4号)及び確約書を提出してください。

 

◇補助金の金額

補助金の額は、雨水タンクの購入に要する費用の額(附属品の購入に要する費用の額を含み、設置・運搬及びその他手数料等に要する費用の額を除く。)の4分の3に相当する額とし、45,000円を限度とします。

補助金の額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てることとします。

◇予算額

800千円

関連書類

宇治市雨水タンク設置事業費補助金 平成30年度申請の手引き

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

宇治市雨水タンク設置事業費補助金交付申請書兼実績報告書

宇治市雨水タンク設置事業費補助金交付申請書兼実績報告書(記入例)

宇治市雨水タンク設置事業費補助金交付請求書

 

 

 

※ 京都府では、マイクロ呑龍に対する理解を深めていただくため、3本の動画(理念編、設置編、活用編)を作成しています。 (外部リンク)

 

お問い合わせ

宇治市市民環境部 環境企画課

電話: 0774-22-3141(代表)

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]