ページの先頭です

低炭素建築物新築等計画の認定制度について

[2017年4月14日]

社会経済活動その他の活動に伴って発生する二酸化炭素の相当部分が都市において発生していることに鑑み,都市の低炭素化の促進を図ることを目的とした「都市の低炭素化の促進に関する法律」が平成24年12月4日に施行され、低炭素建築物新築等計画の認定制度が創設されました。

認定制度の概要

この制度では、市街化区域等内において、建築物の低炭素化に資する建築物の新築等をしようとする方は、低炭素建築物新築等計画を作成し、宇治市へ認定の申請をすることができます。認定を受けた建築物には、税制優遇措置(※1)や容積率の特例の優遇措置があります。なお、認定申請は建築物の新築等の着工前に行ってください。(着工後の申請に係る計画については認定できませんのでご了承ください。)

※1 国土交通省 認定低炭素住宅に関する税制(外部リンク)

認定申請の流れ

標準的な申請方法フロー図【事前審査型】

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

認定の手続き等について

申請図書

・国土交通省で定める認定申請書及び添付図書の書類(正、副の2部)に必要事項を記載したもの

※審査機関の技術的審査を受けた場合は、当該審査機関が交付する適合証の写しを申請図書の正本に、適合証の原本を申請図書の副本に添付してください。

建築基準法への適合の確認について

申請内容について、建築基準法に適合していることを、建築士法第2条第1項に定める建築士が確認し、設計内容説明書にその旨を記載してください。

宇治市都市の低炭素化の促進に関する法律の認定等に関する要項

認定申請の手数料について

手数料の改正を行いました。新手数料は平成28年4月1日以降の申請に適用します。

宇治市低炭素建築物新築等認定申請手数料一覧表

※低炭素建築物の認定は、長期優良住宅の認定、住宅性能表示制度の性能評価とは別制度ですので、上記の事前審査は長期優良住宅の認定、性能評価とは別に審査を受ける必要があります。

申請書式

根拠法令等

お問い合わせ

宇治市都市整備部 建築指導課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-21-0409

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]