ページの先頭です

特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」について

[2019年11月28日]

特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」について

特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」とは

  • クビアカツヤカミキリは、サクラやモモなどの樹木に寄生し、幼虫が内部を食い荒らすことで樹木を弱らせます。非常に繁殖力が強く、国内でも分布が拡大しています。
  • 京都府内ではまだ確認されていませんが、定着した場合、農業や観光業などに非常に大きな被害を出すおそれがあります。
  • クビアカツヤカミキリは、一度定着してしまうと根絶することが非常に難しい上に、侵入を防ぐための手立てが今のところありません。
  • クビアカツヤカミキリに似たカミキリや、疑わしい痕跡を見かけた場合には

  • クビアカツヤカミキリに似たカミキリを見つけた場合は、すぐに京都府自然環境保全課にお知らせください。その際には、可能な限り実物や写真をご用意いただくようお願いいたします。
  • 幼虫が入り込んだ樹木からは、5月~8月頃に、特徴的なフラス(木くず)が大量に排出されます。フラス(木くず)は有力な見分け方のひとつとなっています。
  • フラスを見つけた場合も、すぐに京都府自然環境保全課までお知らせください。その際には、可能な限り「木の種類の情報」と「写真(フラス、虫の空けた穴など)」をご用意いただくようお願いいたします。
  • フラスの様子

    フラスの出た樹木

    お問合せ先・参考資料

    クビアカツヤカミキリについての問い合わせ

    京都府自然環境保全課
    電話 075-414-4706 (平日8時30分-17時00分)

     

    環境省作成のチラシ

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    お問い合わせ

    宇治市人権環境部 環境企画課

    電話: 0774-22-3141(代表)

    お問い合わせフォーム


    [ページの先頭へ戻る]