ページの先頭です

妊娠中、出産後の方へ~宇治市産後ケアサービス~

[2019年7月1日]

宇治市産後ケアサービス

宇治市では、出産後のママの不安や育児の負担の軽減を図るため、「産後ケアサービス」を開始します。

産後ケアとは

出産後、4か月くらいまでは、赤ちゃんの授乳や慣れない育児でママのこころとからだへの負担が増す時期です。

また「家族に手伝ってもらえない」「授乳や沐浴がうまくできるか心配」など、いろいろな不安が生じます。

産後ケアは、ママの身体的な回復のための支援、授乳の指導および乳房のケア、ママの心理的支援、赤ちゃんの状況に応じた具体的な育児方法の指導などのサービスを提供します。

対象となる方

宇治市に住民票があり、産後の疲れや育児に不安を感じていて、ご家族などから産後の家事、育児などの支援が受けられないおおむね生後4か月頃までの赤ちゃんとママ

※赤ちゃんやママが感染症疾患にかかっていたり、入院による治療が必要な方は利用できません。

サポート内容について

宿泊型、日帰り型、訪問型の3種類のサービスがあります。

(1)ママのケア(体調管理・乳房の手当て・休養・育児相談等)

(2)赤ちゃんへのサポートケア(体重、発育等乳児の健康状態の確認、お風呂の入れ方、おっぱいやミルクの与え方などの確認等)

詳しくは各サービスのチラシをご確認ください。

※なお日帰り型については8月以降の実施を予定しています。

利用料について

世帯の市民税所得割額により、利用料が異なります。

各サービスの型に記載の表を参考にしてください。

申請が4、5月の場合は、前年度の個人市民税所得割額となります。

申請時に本人同意の上、本市にて個人市民税所得割額を確認しますが、転入等により本市にて確認ができない場合は、課税証明書等の提出が必要となります。

利用の流れ

宇治市保健推進課へ利用の相談(申請)が必要となります。

妊娠中から産後の利用について相談できます。

申請に際し、保健師等がママの体調、育児の状況、家族の状況をお聞きし、訪問させていただくことがあります。 

申請後に利用の可否の審査を行い、利用決定後、「利用承認通知書」を送付します。

利用後は、利用料を実施場所または訪問したスタッフに直接お支払いください。

※なお、サービス利用の前日までに利用の変更・中止の連絡がない場合は、利用したものとみなし、利用料の支払いが必要となります。必ず前日までに各事業所等にご連絡ください。

宇治市産後ケア事業利用申請書兼情報提供等同意書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

宿泊型

実施場所において宿泊し、3食の食事の提供と上記サービスの提供を含みます。

退院後から利用が可能です。24時間以内の利用を1日とし、7日まで利用が可能です。

母子健康手帳、診察券、保険証、印鑑、ママの洗面用具、赤ちゃんとママの着替え、オムツ、おしりふき、ミルク、哺乳瓶等は必要に応じ持参してください。

産後ケア事業宿泊型チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

実施場所

医療法人社団 一心会 都倉病院(宇治市宇治山本27)

医療法人 曽我産婦人科(宇治市伊勢田町大谷61-22)

吉川助産院(宇治市木幡御園20-16)

医療法人社団 中部産婦人科 医院(京都市伏見区向島二ノ丸町151-44)

宿泊型の利用料について

利用料は利用先の医療機関、助産所へ直接お支払いください。
宿泊型利用料

サービスを利用する年度の個人市民税の所得割額の合計

宿泊(24時間あたり)

A:28万円以上である世帯

9,000円

B:16万円以上28万円未満である世帯

6,000円

C:16万円未満である世帯で下記Dを除く世帯

4,000円

D:市民税非課税世帯及び生活保護世帯

600円

※お部屋のイメージ写真です。

訪問型

市が委託している助産師がご自宅に訪問し、ケアを提供します。

1日1回90分~120分まで、上限2日までご利用可能です。

多胎や上の子との年齢が近いなどの場合は、保育士の訪問サポートを同時に利用することができます(別途有料)。

産後ケア事業訪問型(助産師)チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

訪問型の利用料について

利用料は訪問した助産師へ直接お支払いください。

保育士による同時サポートを希望される場合は、各利用料の合算となります。

助産師による訪問型利用料

サービスを利用する年度の個人市民税の所得割額の合計

訪問型(助産師による訪問90分~120分あたり)

A:28万円以上である世帯

3,000円

B:16万円以上28万円未満である世帯

2,000円

C:16万円未満である世帯で下記Dを除く世帯

1,300円

D:市民税非課税世帯及び生活保護世帯

300円

保育士による訪問型利用料

サービスを利用する年度の個人市民税の所得割額の合計

訪問型(保育士による訪問1回あたり)

A:28万円以上である世帯

1,500円

B:16万円以上28万円未満である世帯

1,000円

C:16万円未満である世帯で下記Dを除く世帯

700円

D:市民税非課税世帯及び生活保護世帯

300円

家事支援

介護福祉士がご自宅を訪問し、家事や育児のサポートを受けることができます。1日1回60分~120分まで、上限12日までご利用可能です。

宇治市福祉サービス公社より、介護福祉士を派遣します。

多胎や上の子との年齢が近いなどの場合は、保育士の訪問サポートを同時に利用することができます(別途有料)。

 

サポートの内容

(1)家事に関するサポート(掃除、洗濯、買い物、調理など)

(2)子育てに関するサポート(授乳や沐浴のサポート、衣服の交換、上の子のお世話など)

※ママが普段行う家事や子育てのサポートを行います。

※12回で終了となりますので、サポートのない生活に慣れるためにも、無理のない範囲でママができることは行ってください。

産後ケア事業訪問型(家事支援)のチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

家事支援の利用料について

利用料は訪問した介護福祉士へ直接お支払いください。

保育士による同時サポートを希望される場合は、各利用料の合算となります。

家事支援の利用料

サービスを利用する年度の個人市民税の所得割額の合計

家事支援

60分まで

60分を超えて

15分あたり

A:28万円以上である世帯

1,500円

375円

B:16万円以上28万円未満である世帯

1,000円

250円

C:16万円未満である世帯で下記Dを除く世帯

  700円

175円

D:市民税非課税世帯及び生活保護世帯

  300円

75円

保育士による訪問型利用料

サービスを利用する年度の個人市民税の所得割額の合計

訪問型(保育士による訪問1回あたり)

A:28万円以上である世帯

1,500円

B:16万円以上28万円未満である世帯

1,000円

C:16万円未満である世帯で下記Dを除く世帯

700円

D:市民税非課税世帯及び生活保護世帯

300円

経験豊富な介護福祉士が訪問します。

利用の変更・中止について

産後ケアサービスを利用中の方が、内容を変更・中止される場合は、変更(中止)届に記載いただき、宇治市保健推進課へ提出をお願いします。

利用変更(中止)届

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

宇治市福祉こども部 保健推進課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-21-0408

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]