ページの先頭です

パッカー車の火災事故発生!

[2019年1月24日]

スプレー缶・ボンベ缶、ライターは別袋に入れて!

パッカー車の火災事故発生!

平成31年1月23日(水)に宇治市内で、もえないごみの袋に混入された、ヘアスプレー缶が原因と思われるパッカー車(ごみ収集車)の火災事故が発生しました。

スプレー缶・ボンベ缶、ライターは、他のもえないごみと一緒の袋に入れると、車両で破砕され、収集時の火災や爆発事故につながります。

下記の出し方を参考に、必ずそれぞれ別の袋に入れて出してください。

〈火災事故現場〉

〈火災事故の原因と思われるスプレー缶・ライター等〉

スプレー缶・ボンベ缶、ライターの出し方

平成30年12月16日の北海道札幌市のスプレー缶による爆発事故があったように、スプレー缶・ボンベ缶は取り扱いに注意が必要です。

スプレー缶・ボンベ缶・ライターは必ず中身を使い切ったうえで、穴をあけずに、「もえないごみ」とは別の透明または白色半透明で中身が見える袋に入れ、「もえないごみ」の日に収集場所へ出してください。

「スプレー缶・ボンベ缶」と「ライター」は同じ袋に入れないでください。

※「スプレー缶・ボンベ缶」は穴をあけないでください。

 

 

※ガス抜きの方法については、以下をご参照ください。

一般社団法人日本エアゾール協会(http://www.aiaj.or.jp/(別ウインドウで開く)

一般社団法人日本喫煙具協会(http://www.jsaca.or.jp/(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

宇治市市民環境部 ごみ減量推進課

電話: 0774-22-3141(代表)

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]