ページの先頭です

要介護・要支援・事業対象者の認定を受けた方へ 介護保険負担割合証をご確認ください

[2018年7月18日]

要介護・要支援・事業対象者の認定を受けた方へ 介護保険負担割合証をご確認ください

   要介護・要支援・事業対象者の認定を受けた方に対して、8月から使用する「介護保険負担割合証」を7月中旬に送付します。介護保険サービス等を利用する際の「利用者負担の割合」が記載されていますので、介護保険サービス等を利用するときは必ず介護保険事業所や施設に提示してください。

 

   これまで介護サービス費用の利用者負担は1割または2割でしたが、平成30年(2018年)8月から特に所得の高い利用者の負担割合が3割となります。

負担割合

3割負担となる方

 ○ 第1号被保険者(65歳以上の人)のうち、次のすべてに当てはまる人

    ・本人の合計所得金額(※1)が220万円以上

    ・世帯内の65歳以上の人の「年金収入とその他合計所得金額(※2)」の合計額が単身で340万円、2人以上の世帯で463万円以上

 

2割負担となる方

 ○ 第1号被保険者(65歳以上の人)のうち、上記の「3割負担となる人」に該当せず、次のすべてに当てはまる人

    ・本人の合計所得金額(※1)が160万円以上

    ・世帯内の65歳以上の人の「年金収入とその他合計所得金額(※2)」の合計額が単身で280万円、2人以上の世帯で346万円以上

 

1割負担となる方

 ○ 第1号被保険者(65歳以上の人)のうち、上記の「3割または2割負担となる人」に当てはまらない人

 ○ 第2号被保険者(40~64歳の人)

 

※1「合計所得金額」とは、収入から公的年金等控除や給与所得控除、必要経費を控除した後で、基礎控除や人的控除等の控除をする前の所得金額のことです。

  [平成30年(2018年)8月から長期譲渡所得・短期譲渡所得に係る特別控除額を控除した後の合計所得金額を用います。]

 

※2「年金収入」とは、国民年金・厚生年金・共済年金等課税対象となる種類の年金収入額のことです。なお、障害年金・遺族年金・老齢福祉年金は含みません。

  「その他合計所得金額」とは、合計所得金額から、年金の雑所得を除いた所得金額のことです。

 

(注)所得更正等があった場合、負担割合が遡及して変更されることがあります。

 

案内チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

宇治市健康長寿部 介護保険課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-21-0406

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]