ページの先頭です

「れもんパス  宇治市の認知症ケアの流れ」を発行します!

[2016年5月16日]

「れもんパス  宇治市の認知症ケアの流れ」を発行します!

「れもんパス」とは・・・

 「認知症ケアパス」とは、認知症の発症前から、常に介護が必要な時まで、「その人の様子」や、「暮らしの中の困りごと」に応じ、「いつ、どこで、どのような相談や支援を受けることができるのか」というケアの流れを示したものです。

 この度、宇治市では、宇治市版認知症ケアパスとして、認知症の人や家族が、安心して住み慣れた地域で、自分らしく暮らし続けるために、本人や家族に必要な支援やサービスを例示したリーフレットである「れもんパス」を作成しました。

 認知症になっても、適切な時期に適切な支援やサポートを受けることで、住みなれた地域で、希望や生きがいをもって、自分らしく暮らし続けることができます。

 “安心の道しるべ”として「れもんパス」をぜひご活用ください。

「れもんパス」の特徴

 認知症の発症前や発症して症状が進行していく段階でみられる「本人の様子」「暮らしの中の困りごと」に応じた「本人や家族に必要な支援やサービス」の流れがわかります。 

 

 

配布先

・宇治市健康生きがい課窓口

・お住まいの地域を担当する地域包括支援センター(別ウインドウで開く)

 

連絡先

宇治市健康生きがい課 地域包括ケア・介護予防推進係

電話:0774-22-3141(代表)  内線:2349、2350、2080

お問い合わせ

宇治市健康長寿部 健康生きがい課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-21-0406

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]