ページの先頭です

【史跡宇治川太閤堤跡】保存整備フォーラム2015「秀吉の時代 ~京都改造~」を開催しました

[2017年7月14日]

【史跡宇治川太閤堤跡】保存整備フォーラム2015  「秀吉の時代~京都改造~」 を開催しました

 史跡宇治川太閤堤跡は平成19年の発見から発掘調査が進められ、豊臣秀吉が宇治川に造らせた石積み護岸・杭止め護岸や石出し・杭出しなどの遺跡や明治の煉瓦積みカマドや煉瓦窯跡が発見され、平成21年には国の史跡に指定されました。

 史跡太閤堤跡の整備を進めるにあたって、太閤堤の歴史的な価値と整備への取り組みをお知らせするために、史跡宇治川太閤堤跡保存整備フォーラムは平成25年から開催しています。

 本フォーラムでは、秀吉が京都で行った聚楽第や御土居また伏見城などの京都改造に係る具体的な姿を最新の発掘結果から学び、太閤堤の歴史的な姿を理解するために 京都市考古資料館副館長 山本雅和氏に 「秀吉と京都・伏見」と題してご講演いただきました。

 また、小中学生文化財見学会感想文コンクールの表彰式 及び 史跡太閤堤跡の今後の整備のあり方についての報告も併せておこないました。

 

当日の様子

当日の様子

史跡宇治川太閤堤跡保存整備フォーラム2015 当日資料

お問い合わせ

宇治市 都市整備部   歴史まちづくり推進課
電話: 0774-21-1602(直通) ファックス: 0774-21-0400
E-mail: rekimachi@city.uji.kyoto.jp

[ページの先頭へ戻る]