ページの先頭です

宇治市空き家等の適正管理に関する条例の制定について(平成27年1月1日施行)

[2014年11月1日]

空き家はその所有者の財産であり、所有者自らの責任と負担によって適正に管理されなければなりません。

近年、さまざまな理由により、空き家が増加しています。

その中で、適正な管理が行われていない空き家は、

老朽化による倒壊や不審者の侵入、

放火のおそれ、

樹木や雑草の繁茂等による

周辺地域の生活環境に対する悪影響等が懸念されます。

市民の安全で安心なまちづくりと生活環境の保全の推進に寄与するため、

「宇治市空き家等の適正管理に関する条例」が制定されました。

 

適正に管理されていない空き家とは

適正に管理されていない空き家とは

☆倒壊や破損、建築材料等の飛散により、人の生命・身体・財産に危害を及ぼす恐れがある。

☆樹木や雑草の繁茂、衛生害虫の発生により、周囲の生活環境の保全に支障を及ぼす恐れがある。

☆不特定の者が侵入すること等により、火災や犯罪が誘発される恐れがある。

 

 

本条例の概要

宇治市空き家等の適正管理に関する条例についてはこちらからダウンロードできます。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

宇治市総務部 総務課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-20-8778

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]