ページの先頭です

子ども・子育て支援新制度における施設利用のための支給認定及び申請手続きについて

[2015年4月1日]

 平成27年4月から実施の「子ども・子育て支援新制度」においては、小学校就学前児童が幼稚園、保育所等を利用するためには、支給認定を受ける必要があり、市町村が支給認定を行うことになります。 そのため、保育所等を利用するための申請手続きが一部変更になりますので、ご注意ください。

1. 保育所等での保育を希望する場合の支給認定について

 保育所等での保育を希望する場合の支給認定は、子どもの年齢、保育の必要性、就労時間により、利用できる施設や保育時間などが異なる支給認定区分となります。

(1) 支給認定区分の種類について

 支給認定については、満3歳以上で幼稚園等での教育を希望する場合は1号認定、保育所等での保育を希望する場合は、子どもの年齢が満3歳以上を2号認定、満3歳未満を3号認定と区分します。
(支給認定区分の種類)
支給認定区分  対象となる子ども 利用できる主な施設・事業 
 1号認定 満3歳以上の子どもで、教育を希望する場合 幼稚園
 認定こども園
 2号認定 満3歳以上の子どもで「保育の必要な事由」に該当し、保育所等での保育を希望する場合 保育所
 認定こども園
 3号認定 満3歳未満の子どもで「保育の必要な事由」に該当し、保育所等での保育を希望する場合 保育所
 認定こども園
 地域型保育事業 
※地域型保育事業とは、家庭的保育・小規模保育・居宅訪問型保育・事業所内保育をいいます。

(2) 保育の必要量の区分について

 2号認定及び3号認定については、保護者等の就労状況によって、フルタイムの就労を想定した「保育標準時間認定」と、パートタイムの就労を想定した「保育短時間認定」に区分します。
(保育の必要量の区分)
 保育の必要量の区分 想定する就労状況利用可能な時間 
 保育標準時間 両親ともフルタイムで就労する場合、またはそれに近い場合 11時間
 保育短時間 両親のいずれも、またはいずれかが、パートタイムで就労する場合 8時間

(3) 保育の必要な事由(現行制度と新制度での比較)

 2号認定及び3号認定を受けるための「保育の必要な事由」については、これまでの「保育に欠ける事由」に加え、「求職活動」、「就学」、「虐待やDVのおそれがあること」、「育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること」が事由として追加されます。 本市では、これらの追加事由は、現行制度の「保育に欠ける事由」における「その他」の項目の中で、すでに適用しています。
(保育の必要な事由)
 現行制度の「保育に欠ける事由」 新制度の「保育の必要な事由」
 (1)    就労
 (2)    妊娠、出産
 (3)    保護者の疾病、障害
 (4)    同居親族の介護
 (5)    災害復旧
 (6)    その他(前各号に類する状態)
 (1)    就労
 (2)    妊娠、出産
 (3)    保護者の疾病、障害
 (4)    同居親族の介護
 (5)    災害復旧
 (6)    求職活動
 (7)    就学
 (8)    虐待やDVのおそれがあること
 (9)    育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること
 (10)    その他、上記に類する状態として市が認める場合

2. 申請手続きの流れについて

(1)保育支援課または各保育所等で、保育所等入所のしおり・支給認定申請書・保育所等入所申込書等を受け取ります。

(2)支給認定申請書・保育所等入所申込書等に必要事項を記入し、その他添付書類とともに、保育支援課で受付をします。

(3)保育支援課で、支給認定手続き、利用調整(入所選考)を行います。

(4)保育支援課より支給認定証(2号認定・3号認定)と、保育所等入所承諾通知書または保育所等入所保留通知書を送付します。

支給認定申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

宇治市福祉こども部 保育支援課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-21-0408

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]