ページの先頭です

宇治市議会(行政視察報告 平成26年度) 6

[2014年9月19日]

広報委員会の行政視察報告

年月日:平成26年8月26日(火)~27日(水)
視察先:沼津市(静岡県)、富士宮市(静岡県)
出席委員:久保田委員長、木村副委員長、坂本、渡辺、松峯、真田、鳥居、稲吉の各委員

《沼津市》 (8月26日)

【調査項目】
●議会広報紙(市議会だより)の編集・発行について
●議会ホームページについて

『市の概要』
*市制施行:大正12年7月1日
*人口:203,806人(平成26年4月1日)
*面積:187.13㎢

1.議会広報紙(市議会だより)の編集・発行について

1.議会広報誌の概要

(1)広報誌の名称    沼津市議会だより

(2)発行回数(年間)  4回(改選期は年5回)

(3)発行様式(サイズ) A4判 12ページ 

(4)発行日       5月15日、8月15日、12月1日、2月15日

(5)発行部数       83,500部/回

(6)年間予算      7,647,264円

   (内訳)  印刷製本費   7,647,264円

2.編集体制

 事務局で一般質問等の原稿を作成している。一般質問については、質問者に掲載希望依頼書を事前に提出してもらい、事務局にて担当部分を要約している。委員会担当ページについては、各委員会にて原稿を作成し、事務局にて取りまとめをしている。12面の「ぼくとわたしのゆめ たから」については、市の教育課と連携して、毎回市内各中学校の生徒から原稿をもらっている。
 校了後の納品については、各自治会の配布場所と事務局にわけて納品され、各自治会担当者によって配布される。

3.実施事項

 平成24年度に議会だよりのリニューアルに向けた調査として、市民意識調査を行っている。20歳以上の市民2100人を、住民基本台帳から無作為に選出して調査を行い、回収率は約50パーセントであったとのこと。25年度、26年度は実施していないが、27年度に再び実施予定。

4.今後の課題

 議会だよりの配布について、自治会担当者より配布されるため、毎回、自治会未加入者についてどういった取扱いをするのかといった課題がある。現在は、自治会未加入者については配布していない。

2.議会ホームページ

  • 本会議映像システムについて

(1)導入時期   平成20年11月

(2)ライブ中継視聴者数

 平成24年度    7,715件

 平成25年度    7,187件

 視聴者が、市民か市職員かという内訳はわからないとのこと

(3)年間予算   8,062,800円

<内訳>

  • 映像配信システム賃借料     1,182,888円
  • システム設備保守業務委託料   1,319,760円
  • システムASP使用料      5,370,624円
  • フレッツ光回線使用料         62,616円
  • プロバイダ利用料          127,008円

 生中継中は各議員の名前をテロップで表示させている。操作は職員が手作業で行っている。また、録画映像については、映像と会議記録が一緒に表示され、映像と文字を同時に見るような仕様となっている。(ユニバーサルデザイン)

「沼津市議会視察の様子」

《富士宮市》 (8月27日)

【調査項目】
●議会広報紙(市議会だより)の編集・発行について
●議会ホームページについて

『市の概要』
*市制施行:昭和17年6月1日
*人口:135,256人(平成26年4月1日)
*面積:388.99㎢

1.議会広報紙(市議会だより)の編集・発行について

  1. 議会広報誌の概要

(1)広報誌の名称    議会だよりふじのみや

(2)発行回数(年間)  4回

(3)発行様式(サイズ) A4判 16ページ

(4)発行日       6月1日、9月1日、12月1日、2月1日(定例会終了後の2カ月目)

(5)発行部数      約41,100部/回

(6)年間予算      3,132千円

<内訳>

  • 印刷製本費      3,000千円
  • 研修等参加負担金      63千円
  • 費用弁償(旅費)      69千円

2.編集体制

 一般質問の部分については、定例会最終日に事務局より会議録を配布し、質問をした議員本人が原稿を執筆している。また、一般質問の割付けには全て写真やイラストが入れられており、それについても議員が自身で写真を撮ってくるか、イラストを探してきている。
 その後、提出された原稿に対して事務局が若干体裁を整えている。議員本人が原稿を作成しているため、一回目の編集委員会では、それらの原稿を確認するのに毎回2時間~2時間半ほど時間を費やしている。一般質問以外の部分については、主に事務局が作成。

3.今後の課題

 議会だよりの配布については沼津市と同様、町内会を通して配布されるが、やはり、町内会に入ってない人にも配布するべきかといった問題がある。現在、町内会未加入者には配布していない。市の広報誌等はイオンやコープなどのスーパーにも置いている。

2.議会ホームページ

・本会議映像システムについて

(1)導入時期              平成20年9月定例会より導入

(2)ライブ中継視聴者数  

  • 平成24年度      5,576件

   (内訳) 市職員    4,163

        一般ユーザー 1,413

  • 平成25年度     6,653件

   (内訳) 市職員    5,179

        一般ユーザー 1,474

(3)費用 

  • 初年度費用    25,603,022円

   (内訳)

  • インターネット中継システム導入委託     583,800円
  • 放送設備更新・設置          24,099,002円
  • システム管理委託              920,220円

 音響設備等がインターネット中継システムに対応するかどうかで費用は大きく変わるとのこと。

  • 毎年かかる費用

平成24年度              1,536,570円

平成25年度              1,583,820円

 時間単位で契約しているため、定例会が長びけば費用もかかる。休憩中については費用は発生していない。

 (4)実施事項

 26年の8月1日からスマートフォンに対応することになり、議会だよりについても全ページをスマートフォンで見ることが可能となった。
 スマートフォン対応については市のホームページをメンテナンスしている業者が無料で行っているため費用は発生していない。

「富士宮市議会視察の様子」

お問い合わせ

宇治市議会     議会事務局
電話: 0774-20-8747  ファックス: 0774-20-8786
E-mail: gikaijimukyoku@city.uji.kyoto.jp

[ページの先頭へ戻る]