ページの先頭です

道路交通法の改正について

[2014年8月5日]

道路交通法が一部改正されます。

平成25年12月1日から道路交通法が一部改正され、罰則の強化や新たな制限が設けられました。

日頃から自転車や自動車を運転する方々は、以下の事柄に注意し、交通ルール・マナーの向上に努めましょう。

主な改正点

自転車について

  • 警察官は、ブレーキに不備がある自転車が走行中にその自転車を停止させ、検査することや応急措置や運転禁止を命令させることができる。

         ⇒ 検査や命令に違反した場合 ・・・ 5万円以下の罰金

  • 自転車が路側帯を通行する場合、通行できるのは道路の左側にある路側帯に限られる。

         ⇒ 道路右側の路側帯を通行した場合 ・・・ 3月以下の懲役または5万円以下の罰金

         ⇒ 左側の路側帯通行中に歩行者の通行を妨げた場合 ・・・ 2万円以下の罰金または科料

悪質・危険運転対策について

  • 無免許運転等に対する罰則の引き上げ

         改正前 ⇒ 1年以下の懲役または30万円以下の罰金

         改正後 ⇒ 3年以下の懲役または50万円以下の罰金

  • 無免許運転幇助行為に対する罰則規定の整備

               ⇒ 無免許運転を行うおそれがある者に自動車等を提供する行為 ・・・ 3年以下の懲役または50万円以下の罰金

               ⇒ 要求等をして無免許運転の自動車等に同乗する行為 ・・・ 2年以下の懲役または30万円以下の罰金

    

道路交通法一部改正の広報用ポスター

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

宇治市都市整備部 交通政策課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-21-0409

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]