ページの先頭です

災害時要援護者避難支援事業

[2017年4月8日]

避難行動要支援者 要配慮者情報 名簿登録申請書の送付について

 本市では高齢者や障害のある方など、災害時や火災・救急時に自力で避難することが困難な方々に迅速に避難していただけるよう、災害時要援護者避難支援事業(避難行動要支援者)及び要配慮者情報管理事業を実施しています。また、この情報については消防の指令システムにも登録することで、火災・救急時等に消防隊や救助隊へ伝えられます。

 本市では、平成21年度から災害時要援護者避難支援事業に取り組んでいるところですが、新たに対象となられた方及び未登録の方に、登録のご案内及び申請書をお送りいたします。制度の趣旨をご理解いただき、是非名簿に登録していただきますようお願いいたします。

送付日:平成29年4月14日(金)

※災害対策基本法及び本市防災計画に基づき、今回の申請書送付に合わせこれまでの「災害時要援護者避難支援名簿」から「避難行動要支援者名簿」に名称変更いたします。

 

災害時要援護者避難支援事業とは

 大規模な災害が発生した場合、消防や行政機関等は総力を挙げて救助活動等の災害対応を行いますが、道路の寸断等、消防や救急などがすぐに対応できない場合も想定されることから、共助の取組みが重要となります。

 特に家族の支援を受けられず、必要な情報を迅速かつ的確に把握し、災害から自らを守るために安全な場所に避難するなどの一連の行動をとるのに支援を要する人々(=避難行動要支援者)は、「自分だけでは歩行や移動が困難」、「周辺の情報が入らない」などにより地域で孤立してしまうおそれがあり、一般的には、高齢者や障害のある方、乳幼児や妊婦等をいいます。

 このような避難行動要支援者の方々が迅速に避難していただけるように、自主防災組織や町内会・自治会などの地域の方々が支援者となり、災害が発生した時の安否確認や避難誘導等の支援活動に取り組んでいただくものです。

 

避難行動要支援者 要配慮者情報 名簿登録申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

宇治市市長公室 危機管理課

電話: 0774-22-3141(代表)

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]