ページの先頭です

不審電話にご注意ください

[2015年4月1日]

官公署の職員をかたる還付金詐欺の電話に注意してください

  • 官公署職員が、電話のみで還付金のお知らせをすることは絶対にありません。
  • 官公署職員が、電話で指示して、ATMを操作していただくことは絶対にありません。

市役所や社会保険庁などの職員を名乗って高齢者宅に電話をし、税金や医療費の還付の手続と称し、スーパーなどのATMで送金操作をさせる還付金詐欺が、最近京都府下でも多数報告されていますが、先日宇治市在住の方へ同様の電話があったとの報告がありました。

内容(宇治市で実際にあった事例です)

「市役所職員」を名乗る者から電話。「高額医療費の還付があるので、社会保険庁に電話をかけ、処理番号を伝えて欲しい。そのときに口座振込みのために通帳が必要。今日中に手続きをされないと受け取れません」として、還付予定の金額とフリーダイヤルの電話番号、処理番号を伝えられた。

電話を受けた方は通帳まで用意したが、伝えられた電話番号にかける前に疑問に思い、宇治市役所に電話したところ、そのような事実が無いことが発覚した。

特徴

  • 自治体職員を名乗る。
  • 「税金や医療費の返金が○○○○○円ある」などと具体的な金額で架空の還付を持ち出す。
  • 一度目の電話ではあえて個人情報を聞き出さず、かけさせた電話で口座番号を聞きだしたり、ATMで送金操作をさせる。
  • 「今日中に手続きしないと受け取れない」などと焦燥感をあおり、他人に相談する余裕をなくさせる。

などと、最近京都府下の自治体に報告されている還付金詐欺の典型的なケースとなっています。

上記のような電話があったときは

  • 「時間が無い」と急かされてもあわてず、電話をかけてきた者の所属や名前等を確認してください。
  • かかってきた電話番号や、指示された電話番号にかけるのではなく、当該の市役所等の代表番号にかけ、確認した所属、名前を伝えて事実確認するか、家族や知人、警察へ相談してください。

相談先

・宇治市消費生活センター(宇治市役所 文化自治振興課内)

   電話番号 0774-20-8796

   受付時間 平日 午前9時~正午、午後1時~午後4時

  ※ 土日祝日(年末年始除く)の場合は京都府相談窓口まで

       電話番号 075-257-9002

       受付時間 午前10時~午後4時

・警察 総合相談

   電話番号 #9110(全国共通短縮ダイヤル)

お問い合わせ

宇治市役所 健康長寿部
   年金医療課
   国民健康保険課
 電話0774-22-3141(代表)

[ページの先頭へ戻る]