ページの先頭です

「東日本大震災義援金」にご協力をお願いします(平成29年3月31日まで受付が延長されました)

[2016年3月4日]

日本赤十字社では義援金を受け付けています。

「東日本大震災義援金」の受付について

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災から、早くも5年目の節目の年となりました。発災による家屋損壊や流出等に

より多数の行方不明者・死傷者が発生し、未だに多くの方々が避難生活を余儀なくされています。

 日本赤十字社では、耐乏生活の続く被災地の一日も早い復興を願い、下記のとおり義援金の受付口座を開設し、

日本赤十字社京都府支部宇治市地区においては引き続き義援金の募集を行っています。寄せられた義援金は日本赤十

字社を通じて被災地に送られます。

 皆さんのご協力、ご支援をお願いいたします。

 

1.実施機関    日本赤十字社京都府支部宇治市地区

 

2.共催・協力   日本赤十字社京都府支部・宇治市

 

3.受付期間    平成29年3月31日(金)まで

 

4.義援金の受付   日本赤十字社京都府支部宇治市地区事務局
               (宇治市福祉こども部地域福祉課内)

               ※窓口での受付のほか、募金箱も設置しています。

 

5.義援金受付口座   金融機関での直接の送金を希望される方は、下記の口座へお振込ください。

  (1)ゆうちょ銀行の口座  

    口座番号   00140-8-507

    加入者名   「日本赤十字社 東日本大震災義援金」

     ※「受領書」を希望される方は、通信欄に「受領書希望」と明記してください。

     ※窓口での取り扱いの場合、送金手数料は免除されます(ATMの場合、手数料が発生します)。

     ※窓口で渡される受領書(半券)は、確定申告に使用できます。

  (2)その他の金融機関の口座

    ・三井住友銀行 銀座支店 普通預金 8047670

    ・三菱東京UFJ銀行 東京公務部 普通預金 0028706

    ・みずほ銀行 新橋中央支店 普通預金 2188729

     ※口座名義はすべて「日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)」です。

     ※同一行内(本支店)での振込の場合、振込手数料は免除されます。

 

6.税制上の取り扱いについて

    個人については、所得税法第78条第2項第1号、地方税法第37条の2第1項第1号および第314条の7第1項第1号に規定する寄附金、

   法人については、法人税法第37条第3項第1号に規定する寄附金に該当します。

 

7.送金対象の限定

  従来の義援金は、震災により被災した15都道県に送金されてきましたが、平成26年4月以降に寄せられた義援金の送金対象は、

 震災による被害が特に深刻で、いまだ復興途上にある岩手県・宮城県・福島県・茨城県の4県に限定されます。

 

義援金の中間集計について(平成28年3月1日現在)

 皆さんから日赤宇治市地区へお寄せいただいた義援金の、平成28年3月1日現在の集計は次のとおりです。

  (1)団体からの協力(157団体)      25,922,025円

  (2)個人からの協力(1,213人)       3,977,200円

  (3)各公共施設に設置の募金箱     3,219,081円

       (合    計)                 33,118,306円

 引き続き、皆さんからの温かいご支援をよろしくお願いします。

 

問い合わせ先

日本赤十字社京都府支部宇治市地区事務局
(宇治市福祉こども部地域福祉課内)

電話番号 0774-20-8730(直通)


[ページの先頭へ戻る]