ページの先頭です

宇治市議会(行政視察報告 平成23年度) 7

[2012年2月15日]

議会運営委員会の行政視察報告

年月日:平成24年1月24日(火)~25日(水)
視察先:愛知県岡崎市、長野県松本市、
出席委員:浅見委員長、田中副委員長、水谷、坂本、松峯、坂下、久保田、関谷、長野の各委員、堀議長、宮本副議長

《岡崎市》 (1月24日)

【調査項目】
●議会運営について

『市の概要』
*市制施行:大正5年7月1日(平成17年合併)
*人口:376,469人(平成23年4月1日現在)
*面積:387.24㎢ 

1.議会運営について

(1)議会運営について

ア.議員間討議について

  平成22年12月16日の議会運営委員会の申し合わせで、委員会においては各委員会で諮って委員間討議が実施できる。
  これまで、議会基本条例設置特別委員会、防災基本条例設置特別委員会、行財政改革調査特別委員会の3委員会で実施されてきた。
  現在は申しあわせのみで委員間討議が行われているが、基本条例の逐条解説で文面を追加することを議会運営委員会で協議している。

イ.反問権について

  一般質問における一問一答方式においては理事者の反問を議会基本条例の中で記述をしている。
  これまでに市長と企画財政部長から反問があったものの時間切れなどで適切な運用がされてはいない。
  現在、各派代表者会議において詳細なルール作りを協議している。

(2)特別委員会の設置について

 ・防災基本条例設置特別委員会
  平成22年11月臨時会にて設置。付議事件は防災対策について。最終的には議会基本条例についで2番目の議員提出条例の作成と考えている。
 ・行財政改革調査特別委員会
  平成22年11月臨時会にて設置。付議事件は事業仕分け、議員定数、旅費に関する事項について。岡崎市では議員提出条例は基本全会一致で賛成となるよう考えているため現在継続して論議を行っている。

2.議会と当局の関係について

(1)議会への報告方法とルールについて

  議会報告を必要とする案件については、担当課が市長・副市長決裁と判断を確認後、秘書課総務調整班および議会事務局議事課の調整に基づき、調整を行っている。
  また、広報広聴課と報道発表の調整をし、事務局にて報告予定事項の年間予定表を4月に作成する。
  原則的には委員会および各派代表者会議は月に1回は開催している。

3.議会改革における今後の取り組みと課題について

(1)現在協議している事項
  ・議員定数について
  ・議決事件について
    ・議会基本条例の検証について
  ・特別委員会のあり方について
  ・6・9・12月定例会における1日1委員会の開催について
  ・議長任期の2年制について
  ・反問権のルール作りについて

(2)議会基本条例の検証事項
  ・休日夜間議会の開催について
  ・議会報告会(毎議会)の開催について
  ・出前議会の開催について
  ・議長選出の立候補制および議場での決意表明の導入について
  ・議員相互の自由討議について
  ・政務調査費における特別車両料金の適用の除外について

「岡崎市議会視察の様子」

《松本市》 (1月25日)

【調査項目】
●議会基本条例制定後の議会改革について

『市の概要』
*市制施行:明治40年5月1日(平成22年3月31日合併)
*人口:242,950人(平成23年4月1日)
*面積:978.77㎢

1.議会基本条例の取り組みについて

(1)条例制定の背景と経過について

ア.条例制定の背景について
  地方分権社会における市議会の役割や市民からかけられる市議会への期待を考えると議会と議員の行動指針の明確化が必要となる。

イ.条例制定の経過について

   ・平成19年8月
  議会改革の検討のため、松本市議会ステップアップ検討委員会を設置し、平成21年4月30日までに全41回開催した。

   ・平成20年1月~12月
  先進地視察や各種セミナー等に参加し、条例制定に向け継続して検討する。

 ・平成21年1月~2月
  執行機関側から意見聴取、市民意見(パブリックコメント)を募集し議員協議会で協議する。

  ・平成21年3月 
  全会一致で可決する。

(2)推進組織の設置について
  全会一致で賛成した条例であることから議員一人ひとりが責任と自覚を持って推進し活動原則に則して4部会を設置している。
  議員は政策部会・広報部会・交流部会のいずれか(進行管理部会は正副議長および各会派1名からなる)に入り、企画・立案を行い、その後議会運営委員会で協議・決定し実行する。

ア.政策部会の活動内容
  ・政策提案・政策提言の仕組みの研究、検討について
  ・議会運営の充実または効率化の検討について

イ.広報部会の活動内容
  ・情報発信および情報提供方法の検討について
  ・議会報告会の企画および運営について 

ウ.交流部会の活動内容
  ・市民参加および市民連携の検討について
  ・市民意見の把握方法の検討について 

(3)制定後の取り組み事項について
ア.政策部会関係
  ・請願・陳情等の趣旨説明の導入について
  ・移動委員会の活用について(基本条例制定前から)
  ・政策提案・政策提言の推進について
  ・議員研修の充実について

イ.広報部会関係
  ・委員会レポートについて
  ・議会報告会について

ウ.交流部会関係
  ・各種団体との意見交換について
  ・市民交流会議(松本市議会ステップアップ市民会議)について

エ.松本市議会ステップアップ市民会議について
  市民参加、より開かれた議会を実現するために委員を公募し(報酬・交通費はない)、委員から意見・提言を議会活動、運営に反映するために実施している。
  過去、松本市議会では傍聴の市民に対し、会議資料は貸し出しであったものがこのステップアップ市民会議の論議で提供(一部は貸し出し)となった。

(4)松本市議会の情報公開について
  松本市では議会で行う会議については自由公開、記録を議会ホームページで公開、会議資料を提供としている。
  なお、報告書についても難しい手続きなしで閲覧可能となっている。

「松本市議会視察の様子」

お問い合わせ

宇治市議会     議会事務局
電話: 0774-20-8747  ファックス: 0774-20-8786
E-mail: gikaijimukyoku@city.uji.kyoto.jp

[ページの先頭へ戻る]