ページの先頭です

宇治市議会(行政視察報告 平成23年度) 5

[2011年9月6日]

議会運営委員会の行政視察報告

年月日:平成23年8月29日(月)~31日(水)
視察先:福岡県小郡市、佐賀県鹿島市、福岡県大牟田市、
出席委員:浅見委員長、田中副委員長、水谷、坂本、松峯、久保田、関谷、長野の各委員、堀議長、宮本副議長

《小郡市》 (8月29日)

【調査項目】
●議会基本条例の運用状況について

*市制施行:昭和47年4月1日
*人口:59,088人(平成22年6月1日現在)
*面積:45.50㎢ 

1.議会基本条例の運用状況について

 従来、ベテラン議員の発言力が強かったが、平成19年の改選では、新旧入れ替わりがあり、議員全員で基本条例制定に動く土壌ができた。
 平成21年に議会改革検討特別委員会を設置し、議会基本条例を制定した。条例に基づき市民との意見交換会を開いているが、政策提言能力向上を図る機会として捉えている。意見交換会ではテーマを設定し、若手議員が会場設置・資料づくりを積極的に行った。
 自由討議の規定もあり、審査終了・執行部退席後、自由討議を行う。

 

《鹿島市》 (8月30日)

【調査項目】
●議会運営について

『市の概要』
*市制施行:昭和29年4月1日
*人口:31,601人(平成22年6月1日現在)
*面積:112.10㎢

1.議会運営について

(1)議会基本条例の運用状況について

 鹿島市議会には、会派がなく(会派の結成届けが出されていない)、条例制定に当たっては、議員間に温度差があった。条例では、「市民と議会」「市と議会」の関係の大枠を定め、中身をつめるのが議員というスタンスを取っている。
 各種審議会への委員就任についても、法令等で就任しなければならないもの以外はすべて退いている。

(2)議会報告会について

 平成22年11月11日に報告会を開催した。参加者は150人。説明会では、「議員は何をやろうとしているのか」という基本的な質問や「議員は4年間で何回質問したのか」という議会活動に対するものもあった。

「鹿島市議会視察の様子」

《大牟田市》 (8月31日)

【調査項目】
●議会基本条例の運用状況について

『市の概要』
*市制施行:大正6年3月1日
*人口:126,366人(平成22年6月1日現在)
*面積:81.55㎢

1.議会基本条例の運用状況について

 平成21年5月に「議会改革特別委員会」を設置。平成22年2月に市民アンケートを実施。その結果、議会改革が必要と感じている市民は60%、必要な改革の上位に「政策提言機能の向上」「市民意見の反映・意見交換会の実施」「議員報酬・定数」が入った。
 視察・研修・アンケートの結果を踏まえ議会基本条例骨格案を作り、平成22年8月に市民団体との意見交換会を実施し市民意見を聴取した。参加総数は、246人。
 議会基本条例では、政策等調整委員会の設置により、委員会等で課題とされた事項を議会全体の意見として集約されたものは、市に対して申し入れ等を行っている。

「大牟田市議会視察の様子」

お問い合わせ

宇治市議会     議会事務局
電話: 0774-20-8747  ファックス: 0774-20-8786
E-mail: gikaijimukyoku@city.uji.kyoto.jp

[ページの先頭へ戻る]