ページの先頭です

宇治市議会(行政視察報告 平成23年度) 4

[2011年7月28日]

市民環境常任委員会の行政視察報告

年月日:平成23年7月21日(木)~22日(金)
視察先:下関市(山口県)、尾道市(広島県)
出席委員:石田委員長、荻原副委員長、渡辺、田中、川越、金ヶ崎、長野の各委員

《下関市》 (7月21日)

【調査項目】
●環境施策について

『市の概要』
*市制施行:平成17年2月13日
*人口:281,988人(平成22年6月1日現在)
*面積:716.14㎢ 

1.環境施策について

(1)環境施策の概要について

 施策の推進体制としては、4課からなる環境部が所管部局であるが、その他に環境審議会・廃棄物減量等推進審議会・次期一般廃棄物最終処分場整備検討専門委員会がある。
 条例体系は、環境基本条例を理念・方針とし、環境保全条例、環境基本計画、地球温暖化対策実行計画、廃棄物の減量および適正処理に関する条例、環境美化条例等がある。

(2)下関環境美化条例について

 ポイ捨て禁止を行うため、路上喫煙禁止区域を設けている。条例制定の前に市民アンケートを実施し、路上喫煙の制限をするべきと答えた割合は89%となった。回答者のうち喫煙者は37%であり、喫煙者の中にも路上喫煙の制限に賛成する人がいることとなった。
 平成20年に条例改正を行い、路上喫煙禁止地区の指定、過科の規定を行った。過料は千円で、その運用は以下のとおり。

  • 禁止区域であっても、「ほっとぴっと」という指定喫煙場所を設ける。
  • 環境美化推進員3名(警察OB)が巡回。喫煙者に対しては、いきなり罰則規定を適用せず、何度かの注意の後、従わない者に罰則。その場で徴収する。

(3)しものせき美化美化大作戦について

 登録団体(自治会)の協力の下、登録団体に軍手やごみ袋を提供し、その活動の実績報告を審査し、美化美化大賞を表彰する。
 参加率は、地域で変わってくる。

(4)不法投棄ホットラインについて

 24時間受付で、受付委託をして実施。その他、監視体制では、職員3人のパトロール・監視カメラの設置など。

(5)下関エコ川柳について

 23年度の地球温暖化対策実行計画策定周知イベントの際の単年度事業。

「下関市議会視察の様子」

《尾道市》 (7月22日)

【調査項目】
●観光振興について

『市の概要』
*市制施行:明治31年4月1日
*人口:148,347人(平成22年6月1日現在)
*面積:284.85㎢

1.観光振興について

(1)観光振興のベースとなる道路について

 「やまなみ」「しまなみ」「まちなみ」の道路整備

(2)豊富な観光資源について

 ア.市街地だけで25寺の仏閣

 イ.坂が多いことから文学・絵・映画の地となる

 ウ.しまなみの海と島の風景(山頂からしまなみの風景を見せてもらったが、非常に美しい風景であった)

 エ.NHKドラマ「てっぱん」の効果

(3)フィルムコミッション事業について

  映画・ドラマ・CMの撮影があるだけで大きな効果があり積極的な推進を行っている。

 ア.撮影時のスタッフの宿泊費等の地元への経済的効果

 イ.有名女優が出演する一眼レフカメラのCMでは「尾道 猫と二人旅」篇としてCM画面に「尾道」の表示が出、効果が大きい

 ウ.撮影の照会がある場合は、可能な限り応じている

(4)リピーターの確保について

 再度、尾道を訪れてもらうには「人と人のつながり」が重要とするスタンス。パートナー養成事業などに取り組み市民参加を推進。もともと尾道の市民は親切とのことで、観光客に対しても自主的に案内するなどを行っていた。

(5)しまなみ海道の自転車レンタル事業について

 今治市との共同事業で、各島にレンタルサイクルを設置し、どこでも乗り捨てが可能。自治振興事業団に委託。

(6)観光まちづくり戦略会議について

 観光資源の開発・商品化などのために平成19年の設立。観光振興にも貢献しているが、尾道市は合併をしており、山間部・島部・市街地部の市民の交流がさかんとなった。

 

「尾道市議会視察の様子」

お問い合わせ

宇治市議会     議会事務局
電話: 0774-20-8747  ファックス: 0774-20-8786
E-mail: gikaijimukyoku@city.uji.kyoto.jp

[ページの先頭へ戻る]