ページの先頭です

【史跡宇治川太閤堤跡】保存整備フォーラム2016 「 水を治める 」 を開催しました

[2017年7月14日]

【史跡宇治川太閤堤跡】保存整備フォーラム2016 「~水を治める~」を開催しました

 「史跡宇治川太閤堤跡」は、16世紀末に豊臣秀吉が宇治川・淀川に築いた太閤堤の一部です。平成19年に壮大な石積みの護岸が発見され、平成21年には豊臣秀吉の治水技術を具体的に示す重要な遺跡として国の史跡に指定されました。

 本フォーラムは、史跡宇治川太閤堤跡の整備を進めるにあたって太閤堤の歴史的な価値と整備への取り組みをお知らせするために、平成25年度から開催しております。

 史跡宇治川太閤堤跡は平成19年の発見以降、発掘調査を行い石積みや杭止めなど場所に応じた護岸施設や石出しや杭出しといった水制を確認し、当時の高い治水技術の一端が明らかになりました。

 今回のフォーラムでは、大阪府立狭山池博物館館長で、日頃宇治川太閤堤跡の保存整備についてご指導いただいています工楽善通氏に「治水技術の発展と太閤堤」と題してご講演いただきました。

当日の様子

当日の様子

史跡宇治川太閤堤跡保存整備フォーラム2016 当日資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

※当日、お忘れ物がございました。 お心当たりの方は歴史まちづくり推進課(0774-21-1602直通)までご連絡ください。

お問い合わせ

宇治市 都市整備部   歴史まちづくり推進課
電話: 0774-21-1602(直通) ファックス: 0774-21-0400
E-mail: rekimachi@city.uji.kyoto.jp

[ページの先頭へ戻る]