ページの先頭です

宇治市議会(行政視察報告 平成22年度) 10

[2010年12月6日]

総務常任委員会の行政視察報告

年月日:平成22年11月18日(木)~11月19日(金)
視察先:千葉県野田市、我孫子市
出席委員:田中委員長、青野副委員長、川原、向野、西川、高橋、関谷、藤田の各委員

《野田市》 (11月18日)

【調査項目】
●公契約条例について

『市の概要』
*市制施行: 昭和25年5月3日
*人  口: 155,163人(平成21年6月1日)
*面  積: 103.54㎢

 

1.公契約条例について

 競争入札により請負金額の低下を招き、そのために賃金が下がっているのではないかということで、市長からのトップダウンで条例が制定された。

 野田市の公契約条例は、公契約に係る業務の質の確保および公契約の社会的な価値の向上を目的としている。下請負者にも適用としており、条例が適用される契約は予定価格が1億円以上の工事または製造の請負契約、もしくは予定価格が1,000万円以上の工事または製造以外の請負契約のうち、市長が別に定めるもの(1.施設の整備または機器の運転または管理に関する契約 2.施設の整備または機器の保守点検に関する契約 3.施設の清掃に関する契約)としている。本条例の実効性を確保するために、対象を絞っている。

 工事または製造の賃金水準は、公共工事設計労務単価の8割。その他は野田市一般職の職員の給与に関する条例を参考に、829円/時としている。適用労働者から、この賃金水準を適正に支払ってもらっていないとの申し出がある場合は、受注者に対して報告を求めたり立入検査を行ったりすることができる。また、その結果、条例に違反していると認めるときは是正措置を命ずることができる。本条例の実効性を確保するために、公契約の解除に関する規定を設けている。

 現在公契約条例の対象となる契約は、工事2件、役務16件。役務において、公契約条例の制定により恩恵を受けた職種と全く影響のない職種があったため、職種別賃金の必要性が生じた。また、対象件数も当初の予想よりも少ないものであった。そのため、22年9月議会にて、条例適用の対象を増やす、職種別賃金を導入するという目的で条例改正をした。また、ひとり親方のうち、資材等の持ち込みがなく、体だけで来て、業務に従事する場合は公契約の対象となることも規定している。

 公契約条例に関するもの以外にも、総合評価一般競争入札および指定管理者の候補者選定の際にも雇用される労働者の賃金を評価することにより、官製ワーキングプアの解消に向けて取り組みをしている。

 

「野田市議会視察の様子」

《我孫子市》 (11月19日)

【調査項目】
●提案型公共サービス民営化制度について

『市の概要』
*市制施行: 昭和45年7月1日
*人  口: 136,161人(平成21年6月1日)
*面  積: 43.19㎢

 

1.提案型公共サービス民営化制度について

 手賀沼が日本一汚い沼に選ばれたことにより、手賀沼浄化の市民運動が活発に行われた。そこから発展をして、市内には40を超えるNPO、300を超える市民団体がある。また、人口急増時の方々が大勢市内に住んでおられ、間もなく退職を迎えられる。そのような団体、人々に公共サービスの担い手として活躍いただきたいということを期待しており、それに加え、職員の大量退職等により職員が減る中で民間のアイデアを取り入れて公共サービスを豊かにしていく狙いもある。

 そのようなことを受け、提案型公共サービス民営化制度は平成17年3月に市長によって実施を表明(トップダウン)。平成18年3月に提案募集をスタートした。

 提案を募集する事業は市が行う全事業(平成22年度は1101事業)。以前はPDFファイルで公表していたが、提案者側の要望により現在はエクセルファイルで公表している(分野を検索することができる)。提案は個人以外のすべての団体ができる。

 提案審査委員会は5名の常任委員と2名の専門委員で構成され、常任委員は3名の学識経験者と2名の市職員となっている。審査基準は提案ごとに設けている。評価基準は独自性・市民の利益・実現性・団体能力の4つである。結果は採用(基準クリア)・継続協議(基準はクリアしていないが市民にとって大きくプラスとなる)・不採用の3つ。

 提案数は1次、2次あわせて85件。審査数は66件で採用は37件(うち条件付き採用34件)、不採用は29件。提案に基づき15事業を実施した。成果として、サービス向上とコスト削減を実現、事業と団体の新たな結びつきの形成、職員の意識改革の促進が挙げられる。

 課題としては、提案数が減っているので、より提案しやすく、また、提案意欲を高める魅力的な仕組み作りが必要である。

 

「我孫子市議会視察の様子」

お問い合わせ

宇治市議会     議会事務局
電話: 0774-20-8747  ファックス: 0774-20-8786
E-mail: gikaijimukyoku@city.uji.kyoto.jp

[ページの先頭へ戻る]