ページの先頭です

ノロウイルスに注意しましょう

[2010年11月30日]

ノロウイルスに注意しましょう

ノロウイルスは主に冬場を中心に流行します。人から人にうつるノロウイルスは、大規模な集団感染を起こすこともあります。十分な手洗いやうがいを心がけ、感染しないよう予防に気をつけるとともに、疑わしい症状が出たら早めに医療機関を受診しましょう。

ノロウイルスの感染経路

汚染された食品(貝殻など)や飲料水からの経口感染と人から人への糞口感染(感染者の糞便や吐物またはそれらに汚染されたものを介して経口的に感染)があります。

ノロウイスルの症状

体内にウイルスが入ってから1~2日後に激しい吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、発熱等の症状が出ます。これらの症状は1~3日でおさまりますが、1週間程度は便にウイルスを排出しますので、手洗いや入浴の際に十分な洗浄が必要です。

 

ノロウイルスの予防法

ノロウイルスは加熱により死滅しますので、食品の十分な加熱(85℃、1分以上)、調理器具の加熱消毒が有効です。また、十分な手洗いでウイルスを洗い流しましょう。特に調理の前後、トイレやおむつ交換後、吐物の処理後などは、必ずせっけんでよく手を洗いましょう。

ノロウイルスの治療法

ノロウイルスに対しての抗ウイルス剤といった特異的な治療法はありません。水分補給で脱水症状を防ぐなどの対症療法が主となります。安易に下痢止めなどを飲んでしまうと体内にウイルスを留め、回復を遅らせることになるので、早めに医療機関を受診しましょう。

お問い合わせ

宇治市健康長寿部 健康生きがい課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-21-0406

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]