ページの先頭です

ふれあい収集

[2007年5月1日]

ふれあい収集(ごみ収集福祉サービス)を行っています

 宇治市では、介護が必要な方や、身体に障害のある方など、収集場所へのごみ出しが困難な世帯に対し、玄関先での戸別ごみ収集や、希望者への声かけ(安否確認)を行っています。

 

対象となる方(世帯)

市内在住の一人暮らしの世帯等で、介護等に関するサービスを現に利用し、かつ、家庭ごみを定点まで持ち出すことが困難で他者の協力を得ることが出来ない、次のいずれかに該当する者。

  1. 要介護認定(要介護状態区分)において要介護1以上の認定を受けた者
  2. 身体障害者手帳の交付を受け、障害の等級が1級または2級に該当する者
  3. 療育手帳の交付を受け、等級が療育Aに該当する者
  4. 精神障害者保健福祉手帳の交付を受け、障害の等級が1級に該当する者
  5. 上記に掲げる者のほか、ごみを定点にまで持ち出すことが困難であると市長が特に認める者

※同居人がいる場合でも本人及び同居人が上記に該当し、かつ、世帯員のいずれかが介護等に関するサービスを利用している場合も対象となります。 

※要介護認定や手帳等を申請中(区分変更を含む)の方は、区分・等級等決定後に申請してください。

 

サービスの内容

 正しく分別されたもえるごみ、もえないごみ、資源ごみ(缶・びん・ペットボトル・プラマーク・古紙類)を、玄関先で週1回一括で収集します。ごみが出されていない場合、あらかじめ登録された連絡先に連絡し、安否確認をします。

 希望者には、呼鈴等で直接声かけをして安否を確認します。

 

申請方法

 ごみ減量推進課や各地域のコミュニティセンター、福祉センターなどに備え付けの申請用紙に必要事項を記入して申し込んでください。後日、担当職員が現地に伺い、状況を調査のうえ、結果を通知します。

 

お問い合わせ

宇治市人権環境部 ごみ減量推進課

電話: 0774-22-3141(代表)

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]