ページの先頭です

宇治市景観計画について

[2013年4月1日]

宇治市景観計画について

宇治市景観計画とは

 宇治市では、めぐまれた歴史的環境と豊かで美しい自然と調和したふるさと宇治の景観を保全し、市民と協働で快適でうるおいのある景観づくりを進めるために、景観法に基づく景観計画を平成20年4月1日に策定いたしました。
 景観計画区域は、8つの区域に分け、地域の特性に応じた景観形成を誘導するとともに、特に景観に配慮すべき区域として平等院、宇治橋上流周辺の中宇治地区や茶畑や緑豊な里山風景のある白川地区、良好な景観である黄檗周辺地区を「景観計画重点区域」として定めています。

建築物などの建築等をする場合は、景観法に基づく届出が必要です

 本市では「(通称)まちづくり景観条例」と景観法に基づく「宇治市景観計画」を平成20年4月1日に定めました。
  この制度に基づき、宇治市全域において、一定規模以上の建築物の建築等や工作物の建設等や「景観計画重点区域」内のすべての建築物の建築等や工作物の建設等、または開発行為等をしようとする場合には、市への届出が必要です。

宇治市景観計画のダウンロード

宇治市景観計画は、全体版、個別版、概要版ごとに下記からPDF形式でダウンロードすることができます。

景観形成ガイドライン

景観形成ガイドラインは、景観に関する方針、制限内容、色彩範囲を示すものです。
景観計画に示す基本理念と行動指針に基づいて市内に建築物、工作物を建築される施主、設計者、施工者および市民の方々に対し、景観計画の内容をわかりやすくするために作成しました。内容については、下記からPDF形式でダウンロードすることができます。

お問い合わせ

宇治市都市整備部 歴史まちづくり推進課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-21-0400

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]