ページの先頭です

宇治市議会(行政視察報告 平成21年度) 7

[2010年9月17日]

議会運営委員会の行政視察報告

年月日:平成22年1月19日(火)・20日(水)
視察先:鶴ヶ島市(埼玉県)、所沢市(埼玉県)
出席委員:委員長   藤田  稔
        副委員長 川越  清
        委  員   帆足  慶子、山崎  恭一、田中  美貴子、平田  研一、堀  明人、長野  恵津子、青野  仁志、池内  光宏
        議  長   松峯  茂
        副議長   水谷  修

《鶴ヶ島市》 (1月19日)

【調査項目】
●議会基本条例について

『町の概要』
*市政施行 : 平成3年9月1日
*人   口 : 69,203人 (平成21年6月1日現在)

1.議会基本条例について

  (1)議会基本条例制定の取り組み経過について
  「議員が変わる」という思いの中議会改革を進め、その内容を後戻りしないように一つのペーパーとして制定した。
  議会改革検討委員会にて協議を進め、10ヶ月間11回ほど開催(打合せ等の協議等を含めると倍くらい)。各会派1名ずつの計8名。委員会で話し合い、議長へ報告し、全協にて合意を得るという手順。
(2)策定時・制度制定時の市民参加について
  公聴会:制定2ヶ月ほど前に実施。市民団体の長に案内を出し、ワークショップ形式で意見を聴取。各班に入った議員が司会と書記を担当。
  パブコメ:制定2ヶ月前に実施。
  市民とともに作り上げたと言えるほど反映できている。
(3)全議員への説明と同意形成の方法について
  全協で報告。全議員が同じ状況でいられるように進めた。
(4)議会の権能強化について
  前文の後半と目的に意思を掲げた。
(5)議会基本条例制定後の取り組みについて
  条例に動かされている状況ではなく、条例制定前からもともと形はあった。
  反問権は反対があったため入れていない。
  自由討議については、動議により休憩を取って討議している。議案をテーマに自由討論会を開いたこともある。 

「鶴ヶ島市議会の視察風景」

《所沢市》 (1月20日)

【調査項目】
●議会基本条例について

『市の概要』
*市政施行 : 昭和25年11月3日
*人   口 : 337,421人 (平成21年6月1日現在)

1.議会基本条例について

  (1)議会基本条例制定の取り組み経過について
  埼玉県内の市では最初の条例制定議会。議員個々の力の向上ではなく議会力の向上を目指し、議会改革を目的として制定に進み始めた。議会基本条例制定に関する特別委員会と特別委員会作業部会を設置制定までのスケジュールをきっちりと作成し、それに基づいて進めていった。
(2)策定時・制度制定時の市民参加について
  パブリックコメント・公聴会・ミニシンポジウム・条例制定報告会を実施。ミニシンポジウムでは、特別委員会委員全員が説明員として参加し、全員が一致した見解で発言をした。
(3)全議員への説明と同意形成の方法について
  中間報告と議員向けに説明会(2回)を実施。
(4)議会の権能強化について
  予算の確保、閉会中の文書質問、議会外の知識の活用等の条項を盛り込んだ。議決事件の拡大を別条例で定めた。
(5)議会基本条例制定後の取り組みについて
  予算案修正可決 1件、条例案否決 2件、条例案修正可決 1件、地方自治法100条の2 2件、と議会が活性化してきている。定例会の議会報告会を開催していないが、22年中に2回開催予定である。議会基本条例を制定することによって、今までできるのにされてこなかったことなどが活用されるようになり、議会の活性化につながっている。

「所沢市議会の視察風景」

お問い合わせ

宇治市議会     議会事務局
電話: 0774-20-8747  ファックス: 0774-20-8786
E-mail: gikaijimukyoku@city.uji.kyoto.jp

[ページの先頭へ戻る]