ページの先頭です

宇治市議会(行政視察報告 平成21年度) 10

[2010年9月17日]

市民環境常任委員会の行政視察報告

年月日:平成22年1月27日(水)・28日(木)
視察先:丹波市(兵庫県)、豊岡市(兵庫県)
出席委員:池内委員長、山崎副委員長、坂本、松峯、川越、鈴木、菅野の各委員

《丹波市》 (1月27日)

【調査項目】
●農業振興施策について

『市の概要』
  市政施行は、平成16年11月1日。兵庫県中央東部に位置し、阪神間から自動車で2時間弱の距離にある山間地域。
  平成21年6月1日現在の人口は70,302人。平成16年に6町が合併したが、合併前の各町の主産業が農業であり、合併後も農業が基幹産業の市となっている。市のコンセプトは「都会に近い田舎」。
  農業面積は6599ha。県下一の農業能面積であり、農家数は8454戸、販売農家数は4774戸、平均農地面積は55a。
 6町合併により誕生した市であるが、旧町の時点で各町は助成事業を行っていたが、合併により旧事業は廃止したが、旧町の優れた制度を全市域に新たに適用することを重点においている。

1.特産物振興補助制度について

(1)特産物種子等購入助成について
  特産物の振興を図ることを目的に、特産物8品目を指定し、種子購入費用の助成を行う。助成率は作物により異なるが、4分の1~2分の1。
  (対象品目)
  黒大豆、小豆、山の芋、小麦、栗、スイートコーン、丹波ひかみねぎ、ブルーベリースパイス事業も展開している。スパイス作物は、山椒などの「忌避作物」。
 鹿や猪などが嫌う作物で獣害対策の効果がある。


(2)有機JAS認証農家に対する支援について
  安全安心な農産物の生産、環境への配慮を目的に、JASが認証
する有機農業の面積に応じて経費の情勢を行う。

2.担い手農業者等育成助成事業について

 農業従事者の確保・育成施策。個人・法人とも対象
  (1)チャレンジ農業助成(特産品開発へのチャレンジ等)
    資材費の3分の1以内(50万円限度)
  (2)認定農業者育成助成(農業用機械の購入等)
    購入費の3分の1以内(100万円限度)

3.新規就農者育成支援事業について

 生産基盤のない非農家出身者の就農支援。研修費情勢用を行う。

4.農業施策全般について

  丹波市は、農業を基幹産業として位置づけ、「地道な施策展開を積極的に」行い、実績を上げている。認定能業者数、助成制度利用者、新規就農の希望者も増加傾向にあり、実績をつくりつつあると考えられる。

《豊岡市》 (1月28日)

【調査項目】
●環境経済戦略について

『市の概要』
  市政施行は、平成17年4月1日。平成21年6月1日現在の人口は89,162人。平成17年に6市町が合併を行っている。
  兵庫県の北東部に位置し日本海に面する。気候は典型的な日本海型で年間120日以上、霧が発生する。
  商業的には駅前再開発が進み、豊岡駅前には公共施設も入居する大型の商業施設がある。工業は「かばん産業」が中心で年間出荷額400億円で合皮革のかばんでは日本一の産地となっている。

1.環境経済戦略について

  絶滅が危惧されたコウノトリは、当時も懸命の保護活動がされたが、昭和46年に絶滅した。この頃、人工的な孵化も試みられたが、雛は生育できなかった。検査の結果、コウノトリから水銀が検出された。この後、コウノトリが成育できる環境を取り戻す運動―コウノトリツーリズム―が、地道に展開された。この取り組みは、昭和の頃から継続され、平成15年には、環境経済戦略として策定された。
  いったん絶滅したコウノトリは、あらたにロシアから寄贈を受け、人工生育の取り組みと平行して、環境改善が取り組まれてきた。その結果、平成元年には人工孵化が成功し、平成14年には大陸から野生のコウノトリが飛来した(8月5日に飛来したためハチゴロウと命名)。野生のコウノトリが飛来するほどの環境改善がされたのである。
  環境改善として取り組まれたが、その一貫として、農業・自然エネルギー・環境経済補助などの具体的な取り組みが展開されている。


(1)農業―コウノトリ育む農法―
  農薬の不使用・削減、化学肥料の不使用、中干し延期(田の水を抜くのを遅らせる、カエルの育成)、田の水を早くに入れ、冬季も水を入れる(これにより雑草の生育を排除する)等の具体的な農法を行っている。JAの買取価格も農法によって異なる。


(2)自然エネルギー
  菜の花の栽培、廃油の回収(観光・温泉地のため市内に旅館・ホテルが多数あり回収には向いている)、環境経済型企業の集積等


(3)環境経済補助
  廃棄物による製品開発など。事例として、廃タイヤ利用の振動緩衝
柱など


(4)産学連携サポート
  専門の研究者を探す事業者のサポート。職員が研究者を探し、面談
をサポートする。

お問い合わせ

宇治市議会     議会事務局
電話: 0774-20-8747  ファックス: 0774-20-8786
E-mail: gikaijimukyoku@city.uji.kyoto.jp

[ページの先頭へ戻る]