ページの先頭です

子育て支援医療について(制度の内容)

[2019年4月1日]

制度内容

制度概要

平成29年9月診療以降の概要
 3歳未満3歳~小学校6年生中学校1年生~中学校3年生
(H29年9月拡大分)
入院(1)1か月1医療機関につき200円の自己負担
外来(2)1か月1医療機関につき200円の自己負担(3)1か月1医療機関につき200円の自己負担

注意 複数の診療科のある医療機関では、医科、歯科それぞれが1医療機関となります。

期間の詳細
入院(1)0歳から満15歳に達した日以後の最初の3月31日(中学校3年生)まで(白色の受給者証)
外来(2)満3歳の誕生月の末日(1日生まれの方は前月の末日)まで(白色の受給者証)
(3)満3歳の誕生月の翌日(1日生まれの方は当月の1日)から中学校3年生まで(さくら色の受給者証)

平成29年8月診療までの助成内容についてはこちら

助成の対象とならないもの

健診、予防接種、往診の際の車代、薬の容器代、個室専用料など保険診療以外の費用や入院時の食事療養費については、子育て支援医療の対象外です。
また、200床以上ある病院で他の医療機関からの紹介状がなく受診されると特別料金を徴収される場合があります。

使用する受給者証

入院の場合(1)
医療機関の窓口に健康保険証と白色の受給者証を一緒に提示してください。

外来の場合(2)(3)
医療機関の窓口に健康保険証と受給者証((2)は白色(3)はさくら色)を一緒に提示してください。

京都府以外の医療機関では受給者証は使用できません。

京都府以外の医療機関では受給者証は使用できませんので、いったん窓口で健康保険の自己負担分を支払い、年金医療課福祉医療係で支給申請をしてください。

なお、保険診療の自己負担分が健康保険の高額療養費に該当する場合は、先に健康保険で高額療養費の支給申請をしてください。

さくら色の受給者証について

さくら色の受給者証はお子様の3歳誕生月(1日生まれのお子様は誕生月の前月)に郵送します。

健康保険の自己負担分を請求された場合は、いったん窓口で一部負担金をお支払いのうえ、年金医療課福祉医療係で支給申請をしてください。

住所・氏名・健康保険等の変更があった場合は、年金医療課福祉医療係まで届けてください。

※宇治市から転出されるときや、健康保険の資格を喪失されたとき(無保険になったとき)などは、子育て支援医療費を受給していただけません。年金医療課福祉医療係へ届出と受給者証の返却をお願いします。

 

お問い合わせ

宇治市役所 年金医療課 福祉医療係
 電話:0774-22-3141(代表) 内線2336・2337
 Eメール:nenkiniryo@city.uji.kyoto.jp

[ページの先頭へ戻る]