ページの先頭です

負担限度額の認定

[2018年6月1日]

負担限度額認定(食費・居住費(滞在費)の減額制度)

 

    介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、地域密着型介護老人福祉施設(地域密着型特養)に入院・入所または短期入所(ショートステイ)していて、下記の要件に該当する人は、申請により負担限度額が設定され、食費・居住費(滞在費)の自己負担を軽くすることができます。

    なお、施設には、基準費用額と負担限度額の差額が「特定入所者介護サービス費」として保険給付されます。

 ※ 通所介護、通所リハビリテーションの食費は対象となりません。
   ※ 特定施設入居者生活介護、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)、小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護の食費・宿泊費等は対象となりませ ん。
   ※ 基準費用額を超えて、食費・居住費(滞在費)を支払われた場合は軽減の対象となりません。

要件

 1.住民税非課税世帯
 2.同一世帯に属さない配偶者がいる場合、その配偶者が住民税非課税であること(配偶者には事実上婚姻関係と同様の事情にあるものを含む)
 3.利用者とその配偶者が所有する現金、預貯金、合同運用信託、公募公社等運用信託及び有価証券その他これらに類する資産の合計額が1,000万円(夫婦は2,000万円)以下であること
 

利用者負担段階

一覧
利用者
負担段階
対象者
第1段階・生活保護受給者
・住民税非課税世帯で老齢福祉年金受給者
第2段階住民税非課税世帯で本人の合計所得金額と課税年金収入額と※非課税年金収入額の合計額が年間80万円以下の人
第3段階住民税非課税世帯で第2段階に該当しない人

※第2段階・第3段階について、平成28年度8月からは非課税年金(遺族年金や障害年金)の収入額も含めて判定することとなります。

     これにより、これまで第2段階であった方が、非課税年金を一定額受給されている場合には、第3段階になる場合があります。

負担限度額(1日あたり)

一覧

利用者

負担段階

居  住  費(滞 在 費)

食 費

ユニット型

個室

ユニット型

個室的多床室

従来型個室

多床室

特養

ショート

その他

特養

ショート

その他

第1段階

820円

490円

320円

490円

0円

0円

300円

第2段階

820円

490円

420円

490円

370円

370円

390円

第3段階

1,310円

1,310円

820円

1,310円

370円

370円

650円

基準費用額

1,970円

1,640円

1,150円

1,640円

840円

370円

1,380円

基準費用額は、全額自己負担した場合の平均的な費用の額です。

注意

実際の費用は、施設との契約によって決められます。

申請書

 

 ※申請書は下記よりダウンロードしてください。

 

申請書

ダウンロードファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

宇治市健康長寿部 介護保険課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-21-0406

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]