ページの先頭です

サービスの利用料について

[2018年7月18日]

サービスの利用料について

介護保険のサービスを利用した場合、原則としてサービス費用の利用者負担分を負担して、残りは介護保険から給付されます。

利用者負担について

3割負担となる人

○第1号被保険者(65歳以上の人)のうち、次のすべてに当てはまる人

 ・本人の合計所得金額(※1)が220万円以上

 ・世帯内の65歳以上の人の「年金収入とその他合計所得金額(※2)」の合計額が単身で340万円、2人以上の世帯で463万円以上

2割負担となる人

○第1号被保険者(65歳以上の人)のうち、上記の「3割負担となる人」に該当せず、次のすべてに当てはまる人

 ・本人の合計所得金額(※1)が160万円以上

 ・世帯内の65歳以上の人の「年金収入とその他合計所得金額(※2)」の合計額が単身で280万円、2人以上の世帯で346万円以上

 

1割負担となる人

○第1号被保険者(65歳以上の人)のうち、上記の「3割または2割負担となる人」に当てはまらない人

○第2号被保険者(40歳~64歳の人)

 

※これまで介護サービス費用の利用者負担は1割または2割でしたが、平成30年(2018年)8月から特に所得の高い利用者の負担割合が3割となります。

※負担割合は負担割合証で確認できます。要介護・要支援・事業対象者認定をもつすべての方に交付しています。

居宅サービス

 居宅サービスは、それぞれの要介護度に応じて1ヶ月の利用料の上限(支給限度額)が決まります。
 支給限度額を超えた分は全額自己負担となります。
支給限度額
要介護状態区分支給限度額
(1ヶ月)
事業対象者・要支援150,030円
要支援2104,730円
要介護1166,920円
要介護2

196,160円

要介護3269,310円
要介護4308,060円
要介護5360,650円

施設サービス

介護サービス費用の利用者負担分 + 居住費 + 食費 + 日常生活費

 

 施設サービスを利用した場合は、介護サービスの費用の利用者負担分、食費・居住費、日常生活費などの全額を利用料として支払います。食費や居住費、日常生活費は、施設との契約によって決まります。

 所得の低い方については、負担を減額する制度があります。

 →→→介護サービス利用料の減額制度

お問い合わせ

宇治市健康長寿部 介護保険課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-21-0406

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]