ページの先頭です

宇治市議会(行政視察報告 平成21年度) 5

[2010年9月17日]

議会運営委員会の行政視察報告

年月日:平成21年7月29日(水)~31日(金)
視察先:一関市(岩手県)、盛岡市(岩手県)、岩手県
出席委員:委員長   藤田 稔
       副委員長 川越 清
       委員    帆足 慶子、山崎 恭一、田中 美貴子、平田 研一、堀 明人、長野 恵津子、青野 仁志、池内 光宏
       議長    松峯 茂
       副議長   水谷 修

《一関市》 (7月29日)

【調査項目】
●議会基本条例について

『市の概要』
 市の総面積は1,133.10平方キロメートルで県内一の規模。県内でみれば比較的農地の割合が高い地域といえる。
 昭和22年に2町2村が合併し市制を施行し、平成17年の4町2村と合併し、(新)一関市が誕生した。

1.議会基本条例について

(1)基本条例の構成
 10章・24条からなり、「総則・議員の責務・議会運営の原則・市長との関係・市民との関係・議会改革の推進・事務局・補則」等を規定する。
 議会の筆頭条例として位置づけられている。

《盛岡市》 (7月30日)

【調査項目】
●議会運営について

『市の概要』
 京都と同様に盆地であり、夏は暑く冬は寒い。
1989年に市制施行100周年を迎え,1992年4月には新しい中核都市の形成を標榜し南に隣接する都南村と,2006年1月には北に隣接する玉山村と合併を果たし,人口約30万人,面積886.47平方キロメートルの新生盛岡市が誕生した。

1.議会運営について

(1)一般質問の方式について
 ア.質問回数の制限  特に設けていない
 イ.時間制限  一括方式 再質問を含め30分以内(質問時間のみ)
            一問一答 15分以内(質問時間のみ)
 ウ.一問一答方式は、選択できるが一括質問の後に行っている。
(2)当初予算・決算の審議方法について
 予算議案については、特別委員会で審査し、決算議案については、常任委員会で行っている。
(3)議会活性化への取り組み
 議会制度検討委員会(12人)を設置

《岩手県》 (7月31日)

【調査項目】
●議会運営について

『県の概要』
 広大な農地や変化に富んだ気象条件など農業資源に恵まれており、近年は、米、畜産に加え、全国一のりんどうや夏秋ほうれん草などの園芸産地が形成されており、収益性の高い農業への再編が図られ、食料供給基地としての役割を担っている。
 漁業では、リアス式海岸の静穏海域や水産物の生育に適した岩礁に恵まれ、養殖ワカメとあわびが全国第1位、さけが北海道に次いで第2位になるなど「つくり育てる漁業」の先進県となっている。沿岸漁場、漁港、漁村の生産・生活基盤の整備や流通加工体制の整備、さけ、あわびなどの種苗放流を進めている。

1.議会運営について

(1)議会基本条例について
 平成19年の改選期に、立候補者は議会基本条例の制定を公約し、改選後、議会のあり方調査特別委員会(10人、会派から)を設置し、25回の委員会を開催し、条例制定を平成20年に行った。
(2)政策的議員提案条例
 各会派政策担当者による発議案調整会議により調整された議案。議運で共同提案が諮られ、知事提出議案と同様の扱いで、各会派政策担当者の提案理由の説明、質疑、委員会付託となる。
 条例の制定に際しては、地域団体との意見交換、地域説明会、パブリックコメントを実施し、県民の意見反映が図られている。

お問い合わせ

宇治市議会     議会事務局
電話: 0774-20-8747  ファックス: 0774-20-8786
E-mail: gikaijimukyoku@city.uji.kyoto.jp

[ページの先頭へ戻る]