ページの先頭です

後期高齢者医療制度 制度の概要

[2019年4月1日]

制度の概要

1.対象者

  • 満75歳以上の人
  • 一定の障害があると認められた65歳以上75歳未満の人で希望する人(加入手続きが必要)

上記の対象となる方は、国民健康保険や被用者保険(社会保険、健康保険組合、共済組合、船員保険等)から「脱退」し、「後期高齢者医療制度」に「加入」いただくことになります。

2.被保険者証

京都府後期高齢者医療広域連合」から「1人に1枚」被保険者証(保険証)が交付されます。
この被保険者証は医療を受ける時は必ず提示してください。

3.運営するのは

京都府下の全市町村が加入する「京都府後期高齢者医療広域連合」が運営主体となります。
ただし、保険料の徴収や届出の受付などの窓口業務は市町村が行います。

広域連合と市町村の主な役割

広域連合…運営主体

  • 被保険者証の発行
  • 保険料の決定
  • 医療を受けた時の給付

市町村…窓口業務が中心

  • 被保険者証の引渡し
  • 保険料の徴収
  • 申請や届出の受付

>>京都府後期高齢者医療広域連合のサイトはこちら

4.医療費の内訳

医療機関の窓口で支払う自己負担(1割または3割負担)を除いた医療費(保険負担分)は、
被保険者の皆さんが支払われる保険料からだけでなく、

  • 公費(国・都道府県・市町村)
  • 他の健康保険からの支援金(後期高齢者支援金)

によっても負担されています。

お問い合わせ

宇治市役所 年金医療課 後期高齢者医療係
 電話:0774-22-3141(代表) 内線2334・2335・2354
 Eメール:nenkiniryo@city.uji.kyoto.jp

[ページの先頭へ戻る]