ページの先頭です

地震の心得10カ条

[2010年3月18日]

地震の心得10カ条

まず身の安全を

 倒れやすい戸棚などから離れ、丈夫な机などの下に身をかくしましょう。

すばやく火の始末

 使用中のガス器具やストーブなどの火を消しましょう。

窓や戸を開けて出口を確保

 非常脱出口を確保しましょう。

 閉めたままだと建物がゆがみ、出入口が開かなくなることがありあます。

火がでたらすぐ消火

 万一火が出たら、すばやく消火しましょう。

外へ逃げる時は慌てずに

 瓦やガラスなどの落下物、ブロック塀などの倒壊物に注意し、落ち着いて行動しましょう。

狭い路地やブロック塀には近づかない

 ブロック塀・門柱・自動販売機などは倒れやすいため、注意をしましょう。

山・がけ崩れ、津波に注意

 山間部や海岸付近で地震を感じたら、早めに避難をしましょう。

避難は徒歩で荷物は最小限に

 決められた避難場所へできるだけ集団で歩いて避難をしましょう。

協力しあって応急救護

 声をかけあい、みんなで協力し合いましょう。

正しい情報を聞く

 うわさやデマの情報に惑わされず、ラジオやテレビなどで正確な情報を聞きましょう。

お問い合わせ

危機管理課
0774-39-9421
kikikanri@city.uji.kyoto.jp

お問い合わせ

宇治市市長公室 危機管理課

電話: 0774-22-3141(代表)

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]