ページの先頭です

児童扶養手当

[2018年9月14日]

児童扶養手当制度

内容

父(母)のいない家庭の児童や父(母)が政令で定める程度の障害の状態にある家庭の児童の心身が健やかに成長するように、その家庭の生活の安定と自立の促進のため、児童の父、母または父もしくは母に代わってその児童を養育している人に支給されます。

対象者

次の1~8のいずれかに該当する、満18歳に達する日以降の最初の3月31日までの児童(政令で定める程度の障害の状態にある場合は20歳未満の児童)を監護(養育)している父、母または養育者。 ただし、所得制限等があります。また、公的年金(老齢年金、遺族年金、障害年金、労災年金、遺族補償等)を受給している方は、受給している年金等の月額が児童扶養手当の月額より低い場合、その差額が支給されます。

1.父母が婚姻を解消した児童

2.父または母が死亡した児童

3.父または母が政令で定める重度の障害にある児童

4.父または母の生死が明らかでない児童

5.父または母から1年以上遺棄されている児童

6.父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童

7.父または母が政令により1年以上拘禁されている児童

8.母が婚姻によらないで出産した児童

手当月額(平成30年4月分より額が改定されました)

平成30年4月分以降の手当額

 

支給対象児童1人

支給対象児童2人

全部支給の場合

42,500円

52,540円

一部支給の場合

42,490円~10,030円

52,520円~15,050円

※児童が2人のときは、10,040円~5,020円が加算されます。

※児童が3人以上のときは、1人増えるごとに6,020円~3,010円が加算されます。

所得制限限度額

所得額によって支給額が決まります。所得額が「所得制限限度額表」の「一部支給」または「扶養義務者(父母、祖父母、兄弟、子等)及び配偶者」欄の額を超える場合は支給されません。

・ 所得額の計算方法

所得額=年間収入金額(前年の収入+養育費の8割)-必要経費(給与所得控除額等)

               -80,000円(社会保険料相当 : 一律)-下記の諸控除

諸控除一覧表

*寡婦(夫)控除

 270,000円 

配偶者特別控除

当該控除額

(最高330,000円)

*特別寡婦控除

 350,000円 

   障害者控除

 270,000円

雑損・医療費控除

当該控除額

   特別障害者控除

 400,000円

小規模企業共済等掛金控除

当該控除額

   勤労学生控除

 270,000円

※請求者が児童の父または母の場合、上記の寡婦(夫)控除及び特別寡婦控除は「諸控除」の対象に含まれません。

所得制限限度額表

(税法上)

扶養親族等の数

   請求者(本人)

(民法上)

扶養義務者(父母、祖父母、

兄弟、子等)及び配偶者

全部支給

一部支給

    0人

 490,000円

1,920,000円

     2,360,000円

    1人

 870,000円

2,300,000円

     2,740,000円

    2人

1,250,000円

2,680,000円

     3,120,000円

    3人

1,630,000円

3,060,000円

     3,500,000円

    4人

2,010,000円

3,440,000円

     3,880,000円

    5人

2,390,000円

3,820,000円

     4,260,000円

※請求者本人の所得で、老人扶養親族(70歳以上)がある場合には、1人につき100,000円が限度額に加算、16歳~22歳の扶養親族がある場合は1人につき150,000円が限度額に加算されます。

※扶養義務者及び配偶者所得で、扶養親族数が2人以上あり、かつ老人扶養親族がある場合には、老人扶養親族1人につき60,000円が限度額に加算されます。

支給の方法

手当は、4月、8月、12月のそれぞれ11日に、前月分までが口座振り込みされます。

 

受給していただくためには、申請が必要です。詳しくはこども福祉課までお問い合わせください。

マイナンバーについて

平成28年1月からの個人番号利用開始に伴い、次の申請を行う際には、原則として本人確認等が必要になります。

詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

・児童扶養手当の支給申請

お問い合わせ

宇治市福祉こども部 こども福祉課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-21-0408

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]