ページの先頭です

源氏物語と宇治

[2005年2月20日]

藤原道長の娘彰子に女房として仕えていた紫式部が、
世界に誇る長編小説「源氏物語」を書いたのは、
平安時代の半ばの1000年ころであったと
言われています。
全編54帖のうち44帖までは、光源氏を主人公に
華やかな宮廷での恋愛模様を描いたものです。

それに対して、最後の十帖は光源氏の子薫君と
孫の匂宮の二人の男性と、大君、中君、浮舟の
三人の姫君が織りなすしっとりとした悲恋の物語です。

その主要な舞台が宇治の地に設定されていることから「宇治十帖」と呼ばれていますが、
「橋姫」ではじまり「夢浮橋」で終わっていることにみられるように、紫式部にとっては源氏物語の終章を書くうえで、
川霧にけむる宇治川がなくてはならない舞台装置であったことは間違いありません。

千年の時の流れを超えて、往時を偲ばせる宇治川の周辺には、いつのころからか好事家たちによって物語ゆかりの古跡がたてられ、
訪れる人を遠く王朝文学の世界へと誘ってくれます。

お問い合わせ

宇治市市長公室 秘書広報課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-20-8776

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]