ページの先頭です

茶の分類

[2010年3月19日]

てん茶・玉露・煎茶は宇治で主に作られている茶

不醗酵茶覆いをするもの
(覆い下園)
てん茶玉露と同様に栽培し、蒸した葉を揉まないで乾燥させたもの。
碾いたものが抹茶。
玉露よしずなどで茶園を覆い、直射日光をさけてうまみを増やし、苦みを押さえた高級茶。
覆いをしないもの
(露天園)
蒸製煎茶最も良く飲まれている茶。新芽を蒸し、揉んで乾燥させたもの。
上級品ほどうまみと香りがある。
蒸製玉露茶煎茶の揉む工程を省略して曲玉状にした茶。
番茶一番茶摘み取り後の硬くなった芽や茎を蒸して乾燥させたもの。
焙じ茶番茶を強火で炒り、香ばしい香りを出したもの。
釜炒製釜炒製玉露茶釜で炒ってから揉みながら乾燥させたもの。
半醗酵茶包種茶中国で作られ、わずかに醗酵させた釜炒り茶。普通、花の香りを付ける。
ウーロン茶緑茶と紅茶の中間に位置する香りの高い茶。中国・台湾が主な産地
醗酵茶紅茶葉を蒸さず、完全に醗酵して乾燥した茶。濃い橙紅色で香りが高い。インド・スリランカが主な産地

お問い合わせ

宇治市市民環境部 農林茶業課

電話: 0774-22-3141(代表) ファックス: 0774-20-8977

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]